お知らせ弊社は「オンラインイベント」のみ、チケット購入サービス「Peatix」を使用したチケット販売を行っております。
チケット購入前には必ずご確認下さい。

【広島 蔦屋書店】ゆったり まったり 本だけもって、森へ

フェア・展示
蔦屋書店2号館1F 2020年07月29日(水) - 09月23日(水)
 
少し早く目が覚めた、休日の朝。ベランダに出ると、日差しは温かく東からの風が肌をなでた。
「よし、今日はピクニックへ行こう。」
なんとなく思い立ったのだけれど、我ながらとてもよい計画だと、少し笑いがこぼれる。
持っていくものは、敷物と、つばが広めの帽子、そして、本。ここが一番肝心だ。数時間後の未来のわたしのために本を選ぶ。なにが読みたくなるのか想像する。少し笑えるエッセイ、読みかけのSF、サイエンス雑誌、あの人が「とてもおもしろいよ」とくれた小説。大きめのリュックにどさっと詰め込み、お気に入りのスニーカーを履いて、とりあえず出かけた。
 
バスに乗り込みしばらくぼんやりすると、身体が空腹を訴えてくる。なにが食べたいのか、身体に聞く。頭で考えたくはなかった。身体の思うまま、気分の向くまま行動したかった。時間も気にせず効率もない。寄り道に寄り道を重ねる。気づけば好きな食べ物だけが詰まった、あきれるくらい大きな荷物がひとつ増えていた。
 
歩いて川原へ向かう。広い川の流れはさらさらと日差しを反射させながらゆったりと流れていた。さっき買ったばかりの焼き立てのパンを歩きながら食べる。川原いちめんに生えたクローバーの感触を足裏に感じながら。
川原には、一本の大きな木が生えていた。土手を越えた先に生える桜の林から抜け出してきたようなその大きな木は、枝を左右に伸ばし何物にも邪魔されず、大量の葉を茂らせていた。
「あの、木の下にしよう。」
木陰に荷物をおろし、敷物を広げごろんと寝転がる。クローバーがクッションとなって、とてもいい感じ。そのまま、腕だけ伸ばして本を取り出し、手に取った先から読んでいく。時折、柔らかな風がページを撫で、名前も知らない鳥がリズムよくさえずる。忙しい日々の中で、こころをぐるぐるときつく縛り付けてしまっていた紐がほぐれていく。
 
 
楽しい時間はあっという間だ。
西に傾き始めた太陽が、ピクニックの終わりを告げていた。帰り支度をしながら、また来ようと思う。そうだ、次はあの人も誘おう。同じ本を眺めながら、お気に入りの一文について語り合うのだ。わたしとは違う考え方に驚いたり戸惑ったりもしながら、きっと最後は、げらげらと笑いあえることだろう。
                    
広島 蔦屋書店 犬丸

 
 
【お取り扱いブランド】
Clef
 
 
Shape・Comfort・Material・Color・Detailがコンセプト。
それぞれのライフスタイルで仕事と遊び、インドアとアウトドア……。
そんなスイッチアイテムとなってくれることを願っています。
https://clefhats.com/
 
 
 
 
ヨガ、ビーチ、キャンプ旅行など、どんなシーンやアクティビティにも1枚で対応できるようデザインされており、お財布だけでなく、地球にも優しいタオルです。
https://nomadix.jp/

 
 
 
  • 期間 7月29日(水) - 9月23日(水)
  • 場所 蔦屋書店2号館1F

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト