【広島 蔦屋書店】慈しむ日々

フェア・展示
蔦屋書店2号館1F 2020年08月22日(土) - 10月05日(月)
 
誠文堂新光社  Photo/Miyuki Teraoka
 
「ありがとうの反対語は何か分かりますか?」
今年の高校野球の開幕式で聞いた言葉についてしばし考えたが、分からなかった。
答えは『当たり前』だそうだ。
『有り難し』は『有ること』が『難い』、めったにないことに巡り合う、奇跡。
なるほど、と思った。
今、当たり前だった生活ができにくくなっている。
不自由に感じることも窮屈に感じることも多々ある。
そして今までの生活は何て幸せだったんだろうと気づく。
でもそんな今でさえ、実は幸せなのかもしれない。
将来、振り返った時に、あんなこともあったけれど乗り越えてきたなあと思っていることだろう。
だから、こんな状況でいろいろ考えることもあるけれど、毎日を少しでも楽しく心地よく過ごしていきたい。
そんな中、出会ったのが堀川波さんの書籍だった。
読んでみて、生活を無理なく自分らしく楽しむことができそうな気がした。
堀川さんが作る籐のアクセサリーにもまた魅了された。
籐には優しさがあり、癒される。
こんな時期だから作ってみようかな…
今、手元にある小さな幸せと生きているという大きな幸せを感じながら。
1日1日を有り難く慈しむ気持ちで。
 
広島 蔦屋書店 島津
 
【プロフィール】
堀川 波(ほりかわ なみ)
大阪生まれ。イラストレーター、手工芸作家。
本の執筆やイラストの他に、布小物の製作、デザインなど。
『45歳からの自分を大事にする暮らし』『48歳からの毎日を楽しくするおしゃれ』(エクスナレッジ)などのエッセイや、『リネンで作る、つるし飾り』『かわいい背守り刺繍』(誠文堂新光社)などの著書多数。
2020年3月『籐で作るアクセサリーと小物』の出版をきっかけにオンラインショップ「dot to dot」をオープンした。
 
 
【イベント開催】
 
 
堀川 波 籐で作るアクセサリーワークショップ「袈裟結びのイヤーアクセサリー」
『籐で作るアクセサリーと小物』(誠文堂新光社)の著者である堀川波さんが講師となり、籐のイヤリング(ピアス)を作ります。水引の手法も用いながらの編み方はいろいろあり、どれも素敵ですが、今回は初心者でも作れる編み方(袈裟結び)を教えていただきます。
 
日時:2020年 09月27日(日)14:00 - 16:00
場所:Zoom(ウェビナー機能を使用致します)
申し込み期限:2020年9月17日(木)
 
詳細・お申し込みはこちら
 
 
 
 
  • 期間 8月22日(土) - 10月5日(月)
  • 場所 蔦屋書店2号館1F

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト