【広島 蔦屋書店】ゆるやかに、暮らしを綴る

フェア・展示
1号館1F マガジンストリート 2021年12月03日(金) - 01月12日(水)
暮らしは小さな選択の積み重ね。
 
お世話になる道具や器、
洗濯物の香りだって
毎日の暮らしの景色となります。
 
大切にされていたモノを引き継ぐ喜びや
あたためてきた憧れ、
 
感じる温かさや
ときめき、
 
そして
使って分かる確かさや
安心感。
 
自分らしい暮らしをつくる
モノ選びの 「ものさし」を大切に、
 
毎日の景色と
ゆるやかに
寄り添うように
過ごすことが出来ますように。
 
 
 
暮らしのつづり
 

 
 
 
1号館1Fでは、広島在住のYouTuber 暮らしのつづりさんのフェアを開催中です。
暮らしのつづりさんが選んだ台所用品や、アクセサリーなど、毎日の生活で愛用しているアイテムをご紹介するほか、愛読書を展開しています。
 
 
「灯と草花 bougie」の名で作家としても活動の幅を広げていらっしゃる、つづりさん。
手づくりの冬を彩るリースや、スワッグ、キャンドルがフェアに華を添えます。
まるで、暮らしのつづりさんのアトリエにお邪魔したかのような雰囲気の「ゆるやかに、暮らしを綴る」フェア、是非足をお運びくださいませ。
 

【お取り扱いブランド】
 
 
宮島工芸製作所は広島県の宮島で木製杓子の製造をしています。
 杓子の原材料には、主に広島県北地域から産出されるヤマザクラを使用します。
 ヤマザクラは宮島の近隣地域の豊かな山地から産出されるため、良質な材料を適正な価格で手に入れることができます。 
木質は堅く弾力があるので長期間の使用に耐えます。 また、経年変化により、色は赤みを増し味わい深くなります。 
丈夫で機能的な、気負わず使い込んでいける道具を目標に、日々、もの作りに取り組んでいます。
http://miyajimakougei.com/
 
 

「お台所から始まる、幸せの物語」
無水鍋® は1953年に広島で生まれたアルミニウム鋳物鍋です。
いまや日本車や外国車のパーツも手がける技術で
丹念に造った無水鍋® は、丈夫で長持ち軽さと熱伝導に優れ、食材のうまみや滋味を短い時間で引き出します。
「無水調理で作る素材のうまみを引き出す料理を食べて、健やかでいてほしい」という願いと、確かな技術があります。
料理も、人も水いらず
時代を超えて、受け継がれる幸せの物語そこには、いつも無水鍋® がいます。
https://musui.co.jp/
 
 
 
 
“ものがたりを纏う(まとう)”をコンセプトとした、焼き物の作品を制作しています。
 
長い年月の間、人々の暮らしの中の  物語  を見守ってきたかのような作品であったり、もしくは、すこし不思議な  物語  から抜け出したようなアクセサリーを 身に纏う。
 
手に取ってくださった方が
それぞれの 物語  を感じとっていただけますと嬉しいです。
 
いつもの日常に 個性と  ものがたり  を。
https://www.instagram.com/warabino_tomoko/?hl=ja
 
 
 

かたちあるものへ
緻密な手仕事が生み出す
凛とした佇まいのあるジュエリー
柔らかな輝きと凛とした強さを持ち合わせるジュエリーショップ「呂舎」
素材の持つ美しさを引き出してシンプルでミニマムなスタイルを展開。
身につけると肌に馴染むゴールドとシルバーを基調にしたラインアップは細身で華奢。
重ねて使うことでより魅力的な表情に変化する。
普段づかいにも、特別な日の装いにも。
 
 
  • 期間 12月3日(金) - 2022年1月12日(水)
  • 場所 1号館1F マガジンストリート
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト