【広島 蔦屋書店】てのひらで愛でる、美しきてまり

フェア・展示
2号館1F マガジンストリート 2022年01月18日(火) - 02月27日(日)
 
『野の花の小さなてまりとアクセサリー』 寺島 綾子/著
三輪友紀/撮影  誠文堂新光社
 
『源氏物語』や『枕草子』にも書かれた、日本古来のてまりと、加賀友禅のお針子さんが、はぎれや余った糸で作った裁縫道具として、伝えられてきた加賀ゆびぬき。作り手の想いが込められた、美しい日本の手仕事。
 
『野の花の小さなてまりとアクセサリー』の著書であり、てまり作家、加賀ゆびぬき作家である、寺島 綾子さんの作品を、フェアでは多数ご紹介しています。
 
 
そして今回のフェアのために、糸のメーカー、エンゼルキングさんと寺島さんに、コラボして作っていただいた糸セットの販売もございます。
宝石の裸石をイメージした「ルース」。広島のイメージで作っていただいた「楓」。
どの糸も艶やかな輝きを放っています。
この機会に、寺島さんの繊細で美しい手仕事を、そっとてのひらで愛でるように、是非間近でご覧くださいませ。
 
 

【作家紹介】
寺島綾子(てらじまあやこ)
 
 
小さなてまりと加賀ゆびぬき作家。繊細で美しいものが好き。
イベントなどで作品販売、関東を中心にレッスンを行う。
著書に『小さなてまりとかわいい雑貨』『宝石みたいなてまりとくらしの小物』『愛らしい加賀のゆびぬき』(すべて日本文芸社)『野の花の小さなてまりとアクセサリー』(誠文堂新光社)がある。
 
 

【お取り扱いブランド】
 
 
刺繍糸を中心に製造販売。
製造工程のほとんどを京都で行い、オリジナルの糸を製造しています。
予約制の「シガレット巻の部屋」では、色とりどりの美しい糸を手に取って見ることができます。
https://www.instagram.com/angelking.embroidery_thread/
 

cohana
 
 
Cohanaは、株式会社KAWAGUCHIが、1953年の創業以来、長年にわたって培った手芸用品開発のノウハウを活かし、 日本の地域産業とのコラボレーションにより生まれた上質なハンドメイドの道具のブランドです。
伝統的な技術や知恵を未来につなげ、産地を活性化させたいという想いがCohanaには込められております。

 
  • 期間 1月18日(火) - 2月27日(日)
  • 場所 2号館1F マガジンストリート
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト