SAKURAのあるくらし

 
本記事は電気自動車、SAKURAを日産自動車から借りて1週間乗った 広島T-SITEの取材記者の実体験をベースとして、架空の主人公・智子さんの 朝6時の起床から翌6時の起床までの24時間を切り取ったライフストーリーです。
 
 
智子さん(40歳) 既婚
大学生の息子と高校生の娘の4人暮らし
最近SAKURAに乗り換えた
 
 

 
 
SAKURAがあると
くらしはもっと楽しくなる
 
 
6:00  起床

朝起きたら部屋着に着替え、テラスに出る。朝の空気を胸いっぱいに吸い込む。背筋を伸ばしてストレッチ。毎日続けている習慣。窓から見える木々の色づきや肌をかすめる空気に季節の移り変わりを感じる。ぼんやりとしていた頭が少しずつクリアになって、一日をはじめるモードに切り替わってくる。気持ちのよい日はそのままテラスで白湯を時間をかけて少しずつ飲む。身体もゆっくりと起き出してくるのがわかる。
 
 
 
 
 
7:30  朝食
 
朝食は決まったものを摂る。パン、野菜たっぷりのスープ、フルーツとシンプルなもの。家族が起きる時間が少しずつ違うので、朝食の時間がバラバラでも大丈夫なメニューを用意する。
 
 
 
 
8:30  パート先に向かう
 
SAKURAに乗ってみてわかったこと。クルマってただの移動手段じゃなかった。運転ってこんなに楽しいんだ。なめらかな加速が心地いい。アクセルを踏むとクルマがスッと前にでる。自宅からパート先へと向かう道は、信号が多くて、止まったり、進んだりを繰り返すけど、それにもストレスを感じない。小回りも利いて狭い道もスイスイ進む。 通勤の際にはいつもポッドキャストを聞いている。車内が静かだから音量をそれほどあげなくても、話の内容がしっかり耳に入ってくる。いままでは聞き取れなくても仕方がない、こういうものだ、って感じてたんだけど、小さなストレスが解消されるのもうれしい。
 
 
 
 
13:00  お気に入りの喫茶店でランチ
 
仕事が終わって、お気入りの喫茶店でランチ。一番近い駐車場は、ちょっと狭くて停めにくかったんだけど、SAKURAは小回りがきくから、安心して停められるのがうれしい。食後はコーヒーを飲んでリラックス。ここで、ぼーーっとのんびりする時間がお気に入り。
 
 
 
 
 
14:30  まとめ買いでも安心
 
週に一度のまとめ買い。SAKURAに乗り換えてから始まった習慣。荷室にしっかりと積み込みができるからまとめ買いでも余裕がある。まとめ買いは、時間の節約になるだけじゃなくて、自分の生活の中で、必要なものは何かって見極めるきっかけになった。結果として、余分なものを買うことが少なくなって、時間だけじゃなくて、お金の節約にもつながっていると思う。ありがとうSAKURA。
 
 
 
 
22:30  寝る前の習慣 SAKURAの充電と読書
 
ひと通り、家事や自分のケアが終わったら、SAKURAの充電プラグを挿しにいく。夜間の電気料金でお得に充電ができる。1日走っても、70%近くは充電が残っているから、毎日は充電しなくてもいいんだけど、満タンにしときたい。 寝る前の読書は長年の習慣。何度も読んだ本を読むことが多い。エッセイとかコミックとかお気に入りのもの。何度も読んでるから、どこから読んでもよくて、どこでやめてもよい。でも、読むたびに発見があるのもおもしろい。  
 
 
 
 
 
6:00  起床
 
朝起きると充電が100%になっている。寝ている間に充電ができているから、充電にかかる時間はゼロ時間。ガソリンスタンドに寄らなくてもよくなった。さあ、今日も1日を始めよう。どんな1日になるだろう。
 
 
 
 
 
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト