JP
JP EN 한국 简中 繁中
JP
JP EN 한국 简中 繁中

【展示】佐藤雅晴 作品展「Hands—もうひとつの視点から」 SATO Masaharu exhibition: Hands—from another perspective

フェア・展示
六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY 2021年06月21日(月) - 08月29日(日)
六本木蔦屋書店では、店内のギャラリースペース「BOOK GALLERY」にて、2021年6月21日(月)〜8月29日(日)の期間、国内外で高い評価を受けるなか、2019年3月9日に45歳の若さで亡くなった佐藤雅晴の映像作品を展示いたします。

本展では、佐藤が生前に残した数ある作品の中から、「人が世界と関係を結ぶために用いる様々な『手』の行為を撮影しトレースしてアーカイブした」《Hands》(2017年)を中心に、書店内のギャラリーという「BOOK GALLERY」の空間を活かし、新たな視点から再構成し展示いたします。
佐藤は、パソコンソフトのペンツールを用いて実写をトレースしたアニメーション作品に長年取り組んできました。佐藤にとってトレースとは、対象を「自分の中に取り込む」行為です。それらの作品は制作過程においてデジタル機器を活用し、自らの身体である「手」をつかって、膨大な枚数の作画をこなしながら生み出されていったものです。
《Hands》は、猫をなでる手、入れ歯を洗う手、恋人にふれる手、ページをめくる手、おもちゃで遊ぶ子供の手など、33もの「手」のシーンを描いた映像作品です。死と隣り合わせの闘病生活を過ごす中で、まだ生きていることや目前の生きている存在に希望や幸福を見出していったのではないかと感じさせる魅力に満ちています。
現在われわれは、佐藤も予想していなかったであろう新型コロナのパンデミックにより、誰かの手に触れることも、誰かと集い語り合うことまでも制限される日々を生きています。オリンピック開催が重なるかもしれない2021年夏というタイミングにおいて、東京都心のこの場所で、《Hands》をもう一つの視点から改めて発表することは、鑑賞者それぞれにとって、大切な誰かのことや自身の命に想いを馳せ、混迷する世の中においても自らの日常に立ち返らせる指標や、その先へと向けられる希望へと繋がるのではないでしょうか。

 

【佐藤雅晴初のレゾネ刊行について】

大分県立美術館で開催される佐藤雅晴の回顧展にあわせて、美術出版社より和・英併訳のレゾネ「佐藤雅晴 尾行—存在の不在/不在の存在」(2,970円・10%税込)が5月19日に刊行されました。


ギャラリースペースでの展覧会に合わせて、佐藤の初となるレゾネを是非お手にとりください。

【佐藤雅晴の作品】

《Hands》2017年、アニメーション、33チャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド) 、ループ

《エスカレーターガール》2010年、アニメーション、 シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サイレント) 、ループ
 

【作家プロフィール】

佐藤雅晴は1973年大分県生まれ。1999年東京藝術大学大学院修士課程修了後、デュッセルドルフ・クンストアカデミーに在籍、10年間滞在し、2010年日本に帰国。茨城県を拠点に活動し2019年に逝去
2009年には第12回岡本太郎現代芸術賞特別賞を受賞。主な展覧会に、「温情の地: 震災から10年の東北」(コンポジット、メルボルン、2021)、「距離をめぐる11の物語:日本の現代美術」(オンライン展覧会、2021)、「佐藤雅晴 尾行存在の不在/不在の存在」(個展、大分県立美術館、大分、2021/水戸芸術館現代美術センター、茨城、2021-2022)、「Rabbit」(個展、imura art gallery、京都、2020)、「DOMANI・明日展2020 傷ついた風景の向こうに」(国立新美術館、東京、2020)、「死神先生」(個展、KEN NAKAHASHI、東京、2019)、「六本木クロッシング2019展:つないでみる」(森美術館、東京、2019)、「霞はじめてたなびく」(トーキョーアーツアンドスペース、東京、2019)、「オオカミの眼—The Iris of a Wolf」(BLOCK HOUSE東京、2017)、「ハラドキュメンツ10 佐藤雅晴東京尾行」(個展、原美術館、東京、2016)など。

 
 
  • 会期 2021年6月21日(月)から8月29日 (日)まで
  • 時間 11:00~20:00 ※予告なく変更の可能性があります
  • 場所 六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY
  • 主催 六本木 蔦屋書店
  • 展示 imura art gallery、KEN NAKAHASHI、田島孝通、糟谷健三
  • 企画協力 大垣美穂子、imura art gallery、KEN NAKAHASHI、Estate of Masaharu Sato
一覧に戻る

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト