【ワークショップ】初〜中級者向け ~ "条件分岐"を活用!ロボットを使ったプログラミング教室 ~

ワークショップ
アートスペース 2022年 11月24日(木)
2020年度より、学校でプログラミング教育が必修となる中、
 
「プログラミングは未経験だけど、子どもが興味を持ったら早めにやらせてあげたい」
 
「でも、すぐにプログラミング教室に行くのは、勧誘もありそうでハードルが高い...」
 
こんなお悩みはありませんか?
 
そこで私たちは、全4回からなる「小学生で学んでおきたい内容を網羅する」プログラミング教室を企画しました!
4回のコースを通して「プログラミングとは何か」「プログラミングの土台となる論理的思考」「プログラミング技法」を学ぶことができます。
 
 
▶ お申込みはこちら
 
 
【イベント概要】
※このイベントは全4回の構成ですが、各回単体でのお申し込みも可能です。単体でのお申し込みをご希望の方はお申込み時のやり取りにてその旨ご連絡ください(1回ごとでご参加の場合の参加費は税込み¥1,980[1回分参加費]となります)
.
・11月10日(木)【初めて学ぶ方向け】ロボットを使ったプログラミング教室
・11月17日(木)【初級者向け】ロボットを使ったプログラミング教室
・11月24日(木)【初〜中級者向け】"条件分岐"を活用!ロボットを使ったプログラミング教室
・12月1日(木)【初〜中級者向け】センサーを活用!ロボットを使ったプログラミング教室
 
 
具体的には、
 
・そもそも「プログラミングとは何か」という初歩的な説明
・プログラミングの土台となる論理的思考の説明
・長いプログラムを短く表現するための考え方のレクチャー
・「繰り返し」や「条件分岐」といったプログラミング技法の習得
・センサーを用いたより実践的なプログラミングの実践
 
を学びます。
 
純粋にプログラミングをやってみたい
ロボットを動かしてみたい
既にプログラミングを学んだことがあるが、もう一度一気通貫して学んでみたい
お子様がプログラミングに面白みを感じるか、試してみたい...
とお考えのお子様/親御様は、ぜひお申し込みください。

過去のワークショップでは、
 
「ロボットが実際に動くから、自分が作ったプログラムがちゃんと作動していることがわかり、達成感がある」
「さまざまな動きができるから、見ていて飽きない」
「楽しみながらプログラミングを学べた」
 
という声を多数いただきました!
 
▼過去のイベントの様子

過去のイベントの詳細を下記リンクから閲覧可能ですので、ぜひご覧ください!
過去イベント詳細
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【あるくメカトロウィーゴ とは?】
・クリエイターの小林和史氏が産みだしたキャラクター、「メカトロウィーゴ」を元に、(株)リビングロボットが開発したロボット
・二足歩行・丸みのあるロボットで、歩く・走る・でんぐり返しなどを含めた数百の動作が可能
・現在、全国数十ヵ所の学校でプログラミング教育用ロボットとして導入
・教材にはScratch(スクラッチ)を採用し、楽しみながらプログラミングを学習可能
・更なる詳細は、YouTube または、あるくメカトロウィーゴHP にて閲覧可能です!
 
▼実際のスクラッチのプログラミング画面

▼小学校での授業の様子
  • 開催日 2022年11月24日(木)
  • 時間 17:00〜18:00
  • 場所 アートスペース
  • 対象 小学生
  • 定員 5名
  • 参加費 本文中に記載
  • 申込方法 本文中に記載
  • お問合せ先 092-731-7760(六本松 蔦屋書店)
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト