涼を呼ぶ 夏の風鈴

“売り声もなくて買い手の数あるは
 音に知らるる 風鈴の徳”

江戸時代末期、江戸風鈴の涼やかな音が一世を風靡していました。 しかしその風鈴売りたちは売り声を発することなく、風鈴を売っていったといいます。
それは、風に揺られて軽やかに響きを奏でる風鈴の音そのものが、何よりの売り声だったからだそうです。

江戸風鈴の老舗、篠原風鈴制作の風鈴は職人が手作りで制作しており、同じ絵柄でもそれぞれ異なる音色がします。

世界に一つしかない素敵な音に出逢える、粋な風鈴です。

1

( 1 - 15 / 15 )

1

( 1 - 15 / 15 )