【広島 蔦屋書店】秋山夕日 講演会「戦争と教育 ―戦争について考えることを次世代にいかに伝えるか―」

トーク
2号館2F SQUARE GALLERY 2021年 08月08日(日)
 
僕は広島で18年近く、小学生・中学生・高校生・浪人生に、高校理科以外の全ての教科を教えていますが、教える時に考えなくてはならない問題が最も多いのは、日本史・世界史のアジア・太平洋戦争の部分です。

講演では僕がどのような問題について考え、それをどのように暫定的に解決し、それについて生徒とどのような話し合いをしたかをお伝えしてみようと思います。この講演が戦争について考えることを次世代に伝えて行くのに少しでも役立てばよいのですが…
 
 
講演の第一部では、「戦争体験」についてお話してみたいと思います。僕が生徒に戦争について教える時は、戦争体験のない教師が戦争体験のない生徒に教えるわけですから、戦争体験のある方が語ったり書いたりなさったものを使うしかないのですが、ここに非常に多くの問題があります。

 
講演の第二部では、「正しさと戦争」についてお話してみたいと思います。戦争には当事者による何らかの正しさの主張が伴いますが、ここにも問題があります。僕はたまたま数理論理学を学んでいるので、数学的正しさについて考えることでこの問題に迫ってみます。特に、超一流の数理論理学者であり、原爆の開発にも大きく関わった数学者フォン=ノイマンについても触れたいと思います。この、数学が関係する辺りがこの講演の最も個性的な部分かもしれません。

 
講演の第三部では、「力と戦争」についてお話してみたいと思います。ここで言う「力」とは暴力・殺傷力・軍事力等のことですが、ここにも問題があります。特に、力を持つための努力自体が元の力を変質させる可能性に迫ってみたいと思います。
 
秋山夕日
 
 
 
【プロフィール】
秋山夕日(あきやまゆうひ)

 
大阪府出身。東京大学文学部卒業。広島で18年近く、家庭教師等として小学生・中学生・高校生・浪人生に高校理科を除く全教科を教える。著書に『勉強』『勉強2』(いずれも南々社)『秋山夕日短編小説集ー駄作編ー』『詩人の辞典・読みなシャレの辞典』(いずれも広島 蔦屋書店 リトルプレスコーナーにて販売中)がある。趣味は読書・数学。数理社会学会会員。
 
  • 日時 8月8日(日)
    14:00 - 15:00
  • 場所 2号館2F SQUARE GALLERY
  • 参加費 無料
  • 定員 30名
  • 予約 WEBのみ

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。
複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

  • お申込み手順1

    以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

  • お申込み手順2

    内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

  • お申込み手順3

    予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※スマートフォンの方は専用ページからカレンダーをご確認ください。

スマートフォンの方はこちら
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト