【広島 蔦屋書店】sweet CHOCOLATE

フェア・展示
1号館1F 広島 蔦屋書店 2019年01月08日(火) - 02月17日(日)

1号館1Fで、チョコレートフェアが始まりました。

お届けするチョコレートは、どれも厳選されたカカオをこだわりの製法で仕上げた上質な物ばかりです。

お口にポンと一粒、放り込めば、とろりとした舌触りに心もとけだし、甘い誘惑にふたくち、みくちと手が伸びてしまうことでしょう。

そして、今回のフェアは、広島県立美術館で開催中のサヴィニャック展(2月11日まで)とのコラボ企画。ポップでユニークなサヴィニャックの世界と共に、お楽しみください。

お取り扱いしていますチョコレート、広島県立美術館での「サヴィニャック展」の詳細は、ページ内下部をご覧ください。

 

 

サヴィニャックとチョコレート

 

「わたしは41歳の時、モンサヴォン石鹸の牝牛のおっぱいから生まれた。」

と、後に語るように、レイモン・サヴィニャックの転機となり、彼を一躍有名にしたポスターがある。

 

 

1月5日から、広島県立美術館で、サヴィニャック展が始まった。

入ってすぐ正面に、その有名なモンサヴォン石鹸のポスターを観ることが出来る。

濃いブルーの背景にピンク色の牝牛がこちらを向いて四角いモンサヴォン石鹸の上に立っている。牝牛を縁取る黒い線は、迷いなく力強いが、手業を残すように太さが違うところが味わい深い。首を斜めに傾げ、こちらを見つめてくる牝牛の真っ黒な瞳は、モンサヴォン石鹸の品質の良さや、甘い香りまで訴えかけているようで、(いいよ。この石鹸いいよ。と)街角でこのポスターを見かけたら、思わず笑顔になり、つい石鹸を買ってしまいそうである。

 

サヴィニャックは、他にも多くのポスターを手掛けている。

エールフランス航空、ペリエ、ティファール、ルノー、ダンロップタイヤなどなど、日本でも有名な企業や商品が並ぶ。どのポスターもシンプルで分かりやすくユーモアに溢れている。

その中で、彼は日本企業との仕事もしている。

 

森永ミルクチョコレートのポスターは、とてもいい。

こちらを向いて立っている女の子と男の子。二人で1枚の大きな板チョコを持っている。男の子は背が低いので椅子に乗って女の子と背の高さを合わせている。なぜなら大きな板チョコを二人同時に頬張るためだ。横目でお互いを見ながら、にっこりとチョコレートを頬張る表情はとても幸福そうだ。大人から見れば、「一度にそんなに食べてはだめ」と言われそうな大きさだ。この二人は、大人に見つかる前にと内緒で食べているのかもしれない。そんないたずらめいた表情にも見える。

 

世界中の多くの人に愛されるチョコレート。頬張ったときの顔は、このポスターのように、きっとにっこりと幸福な顔を皆がするのだろう。そしてまた、このポスターを観るとチョコレートが食べたくなるのは、チョコレートの味とともに幸福感も思い出すのだろう。

 

商業作品をアートにまで押し上げたサヴィニャック。彼の作品が一堂に集まり鑑賞できることはとても楽しい。そして、当時のパリの街や地下鉄の構内にポスターが貼ってある写真を観ながら思うのだ。

ここを実際に歩けたらどんなに素敵だろうか、片手でチョコレートでもつまみながら。

 

                                                                      広島 蔦屋書店 コンシェルジュ 犬丸

 

 

【お取り扱いブランド】

 

Mast Brothers

 

 

原材料の仕入れから、チョコづくり、ラッピングまで全て手作業。自ら船に乗りカカオ豆の調達に出向き、原材料には保存料やカカオバターを加えない、厳選されたカカオとサトウキビだけでつくられるという、濃厚且つこだわりにこだわった大人のチョコレート。センス抜群のパッケージにはイタリアのステーショナリーメーカー『Rossi』 から仕入れた上質な包装紙が使われています。

https://mastbrothers.com/

 

 

OCELOT Chocolate

 

 

スコットランドのエジンバラで元シェフの夫婦が手作りチョコレート。乳化剤、保存料は不使用。2015年にはAcademy of Chocolate AwardsやThe International Chocolate Awardsで数々の賞を受賞。最近では、英国の有名なファッションブランドBoden向けに包装紙を制作、MonocleやTelegraphなどの雑誌でも取り上げられている。

https://ocelotchocolate.com/

 

 

The chocolate society

 

 

チョコレート・ソサイエティのポリシーは世界中より良質な素材を調達し、長年の経験を持つ職人たちにより、最高品質のチョコレートを丁寧に仕上げること。繊細な味わいと洗練されたデザインが人気の秘密。素敵なチョコレートの可能性を常に追求し、上質なカカオと斬新な発想が組み合わされたチョコレートは絶品です。イギリスの高級百貨店(セルフリッジとリバティ)でも販売されており、ぜひ、大人に味わってほしいチョコレートです。

https://www.chocolate.co.uk/

 

 

Beech’s

 

 

1920年に創業。イギリス生まれの老舗チョコレートブランド。チョコレートはすべてランカシャー州プレストンの工場で生産されており、天然成分や高級素材にこだわり、最高品質のチョコレートを提供しています。

https://beechsfinechocolates.com/

EKLETIKOS

エクレティコスは、品質・デザイン・パッケージ・オリジナリティ・希少性などの面からしっかりと「選ばれた」価値ある商品をお客様にお届けいたします。

http://www.ekletikos.co.jp/

 

上記4ブランドはEKLETIKOSからお取り寄せいたしました。

 

 

rit.craft chocolate and coffee

 

 

広島市中区江波にある、カフェも併設した小さなチョコレート工場。

コンチング、テンパリング、型入れ、包装、デザインまで、全ての工程を店内の工場で丁寧に行なっています。良質なカカオ豆だけを使い、MODでビターな7インチレコードのチョコレートなどを、自由なスタイルで作っています。

https://www.instagram.com/rit.craft_chocolate_and_coffee/

 

 

広島県立美術館

 

 

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

2019年1月5日(土) ~ 2019年2月11日(月)

 

フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック。3メートルに及ぶ迫力の大型ポスターから、創造のプロセスに光をあてる原画、ポスターが並ぶ当時の風景写真まで約200点により、ユーモアとエスプリ溢れる作風でパリの街角を彩ったサヴィニャックの世界をご紹介します。(広島県立美術館HPより)

http://www.hpam.jp/

 

>トップページへ

 

  • 期間 1月8日(火) - 2月17日(日)
  • 場所 1号館1F 広島 蔦屋書店

OTHER STORES

他店舗情報