【フェア&イベント】メンズファッションイラストレーター 綿谷 寛のSTYLE

BOOK|CINEMA|文房具・雑貨|フェア・展示|イベント
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 1階入口フェア,2階特設イベントスペース 2019年10月14日(月) - 11月04日(月)

 

 

2019年10月14日(月)~11月4日(月)の期間、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでは、「メンズファッションイラストレーター 綿谷寛のSTYLE」を開催します。

 

1979年に「POPEYE」でメンズイラストデビューをし、50年代アメリカを彷彿させる正統的ファッションイラストを描く日本を代表するメンズファッションイラストレーター。

「MEN'S CLUB」や「MEN'S  EX」、「begin」などで長年にわたり連載を持つメンズファッションイラストレーターの綿谷寛さんのイラストを販売。

加えて、昨年発売された綿谷さんの書籍、「STYLE:男のファッションはボクが描いてきた」も店頭に並びます。

 

ファッション誌を読む男性なら一度は綿谷さんのイラストを目にしたことがあるはず。

 

また、綿谷さんの描くイラストの中の男を際立たせるアイテムとして、

長年に渡り、アメリカンクラシックの礎を築いてきたブランド、「Brooks Brothers」の商品の販売を致します。

数々の映画の衣装なども手がけてきた説明不要のアイコンブランドである「Brooks Brothers」の商品をこの機会に是非。

 

更にワンランク上の男のスタイルを提唱する雑誌、「MEN'S EX」とともに男のファッションスタイルを提案します。
10月26日のトークイベントでは「MEN'S EX」の編集長である、金森陽さんが登壇予定です。
 
【綿谷画伯、在廊!似顔絵プレゼントイベント】
こちらのイベントは終了いたしました。
 
 
 
日時:2019年10月19日(土)13~17時
場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2Fフェアスペース(エスカレーター上すぐ左)
参加方法:当日、当店で『STYLE:男のファッションはボクが描いてきた』2,970円(税込)をご購入された方 先着5名さまで、綿谷さんに似顔絵を描いて頂けます。
こちらのイベントは終了いたしました。
※先着5名さまに似顔絵がわたった時点にて終了となります。
※綿谷さんが似顔絵を描いている30分の間、店内でお買い物をお楽しみください。
※止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
 
 
【綿谷寛さん×金森陽さん(MEN's EX編集長)“映画に学ぶ男のSTYLE”トーク&ギャラリートーク】
 
数々の男性のスタイルを描いてきた綿谷寛さんと、スーツの似合う男性のワンランク上のライフスタイルを紹介している雑誌『MEN's EX』編集長・金森陽さん。
今回おふたりにお話頂くのは、《 映画に学ぶ男性のSTYLE 》。
マスキュリンなスーツスタイルが展開される007シリーズ、『華麗なるギャッツビー』の正統派アイビールック、『キングスマン』の紳士的なスーツスタイル、70年代NYスタイルが際立つウディ・アレンの映画・・・etc
映画には、お手本になるメンズスタイルがたくさんあります。
そこで、実際に映画の場面をスライドにて紹介頂きながら、メンズファッションを知り尽くしたおふたりに、
スタイルを確立するにあたって参考にした映画や、登場人物のスタイルをお伺いするスペシャルトークショーを開催!
 
また、事前申し込みをされた方で当日ご来場頂いた方から抽選で5名さまに、綿谷さんによる似顔絵をプレゼント!
貴重な機会に、皆様ぜひふるってご参加ください!
 
 
日時:2019年10月26日(土)14時~15時30分(開場13時40分)
場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 2F 特設イベントスペース
参加方法:無料
申し込み:事前に店頭・電話(03-5775-1515)にてお申し込みください。
     

※10月26日のトークイベントでの似顔絵プレゼント対象の方は、事前申し込みされて当日ご来場された方のみとさせて頂きます。

※似顔絵はその場でお渡しではなく、後日当店よりお客様のもとへ発送とさせて頂きます。

※止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

 

【プロフィール】


 

綿谷寛
1957年東京生まれ。小学生のときに10歳年上の兄のメンズクラブを盗み見して、お洒落とイラストレーションに目覚める。セツモードセミナーを経て、1979年に雑誌『ポパイ』でイラストデビュー。50年代のアメリカのイラスト黄金期を彷彿とさせる正統的ファッションイラストと、コミカルなタッチを自在に使い分ける、日本を代表するメンズファッションイラストレーター。
雑誌『メンズクラブ』(ハースト婦人画報社)や『メンズEX』『ビギン』(いずれも世界文化社)などで、長年にわたり連載を続け、特に『ビギン』でのルポは、そのコミカルなタッチ(バカタッチ)で人気を博している。ウェルドレッサーぶりとユーモアのある人柄は業界内で愛されている。家族は一男一女一妻一犬。ニックネームは「画伯」
 
 
 
金森陽

2001年世界文化社入社。Begin編集部に2012年6月まで在籍、同月にMEN’S EX編集部へ配属。

2013年8月同誌副編集長就任後、同年9月よりBegin編集長を4年務め、2017年10月より現職。
 
 
  • 会期 2019年10月14日~11月4日
  • 綿谷画伯、在廊!似顔絵プレゼントイベント 10月19日(土)13~17時
  • “映画に学ぶ男のSTYLE”トーク&ギャラリートーク 10月26日(土)14~15時トークショー+ギャラリートーク
  • 場所 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 1階入口フェア,2階特設イベントスペース
  • 主催 TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
  • 共催 Brooks Brothers,世界文化社
  • 問合せ先 03-5775-1515

RELATED EVENT