レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校



image001.jpg

レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校は、ヴァン クリーフ&アーペルの支援のもと、 2012年にパリ ヴァンドーム広場にて創設された広く一般の方々にジュエリーの世界への扉を開く教育文化機関です。


image003.jpg

地球の奥底で生まれる貴石の神秘や、フランスの伝統が培った息を呑むような職人技、ジュエリーに関する心踊るような歴史の数々など、
魅惑的で奥深いテーマについて、現役のハイジュエリー職人や専門家が指導を行うのが特長です。

パリを拠点にするレコールはまた、旅する学校でもあります。2013年の東京を皮切りに、香港、ドバイ、ニューヨークなど、毎年さまざまな都市に赴き、学びの世界を広げてきました。そして2019年初春、再び東京に「レコール日本特別講座」が戻ってきます。
東京・北青山にある京都造形芸術大学 外苑キャンパスにて、建築家 藤本壮介氏によりレコールのために特別に設えられた空間。すべての講師がパリから来日し、パリ本校の講義内容をそのまま受講いただけます。これまで未知のヴェールに包まれてきたハイジュエリーの技巧や宝石の世界触れ、学び、楽しんでいただける特別な14日間です。


image004.png


レコールでは、パリ本校や世界各地でエキシビションを行ない、ジュエリー文化の研究や発展に力を注いでいます。これらは多面的にジュエリーや装飾芸術を捉えた展示物を無料で企画展示し、多くの方にご覧いただくことで、ジュエリーに対してさらに深く幅広い関心を呼ぶことを目的としています。
今回のレコール 日本特別講座では、下記3つのエキシビションが行われます。
 「タヴェルニエのダイヤモンドを巡る冒険 ~ムガル帝国から太陽王へ~」
 「ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ~《Vestigia Naturae》」
 「Through the Eyes of a Connoisseur~ある愛好家の目線」
これらのエキシビションは、会期中どなたでも無料で、ご自由にご覧いただけます。

さらに今回、蔦屋書店とのコラボレーション企画として、銀座店・代官山店・蔦屋書店オンラインショップにて「レコール 日本特別講座」に関連するブックフェアを開催。通常は書店での販売をしていないジュエリーや高級時計に関する書籍をはじめとして、サヴォアフェール(匠の技)や貴石・鉱物、フランスと日本の芸術文化など、幅広く好奇心を刺激するさまざまな書籍を用意しています。

1 2 Next

( 1 - 40 / 63 )

1 2 Next

( 1 - 40 / 63 )