梅田 蔦屋書店のコンシェルジュたち 沖野[雑誌]

※こちらのインタビューは2020年の5周年企画として行われたものです
 
 
私と雑誌、私と梅田 蔦屋書店

この文章を書くことになる以前から、私にとって雑誌とはなんだろうと普段から考えることがあります。
昨今「雑誌って美容院でしか読まない」「オンラインでしか見ない」等の声をよく聞きますが、
私にはやっぱりどこかで見る"ついで"的なものでなく画面上でみるものでもなく、ずっと昔から変わらない存在、それは"ワクワクするもの"なんです。
 
私にとってこの"ワクワク"は本とは違い、雑誌でしか味わえないものです。
ページをめくって誌面を見てワクワクする、これってずっと大切にしたいなって思います。
 
梅田 蔦屋書店で働くきっかけになったのはテレビで見た代官山蔦屋書店です。
こんな所があるんだ!と感動してその流れをくむ書店が梅田にできると知ったとき、迷わず応募しました。
 
「あんな空間で私も働いてみたい」。
5年前に感じたあの思いを5年たった今、ここにしかない空間づくりができているだろうか、と担当の雑誌を扱いながら自問する日々です。
 
 
梅田 蔦屋書店の5年間 

当店内のスターバックスのオーダー受け取り口でフロアを眺めるたび、よくオープン前の店内を思い出します。まだ段ボールに入ったままの雑誌、貼られるのを待ってるラベル、雑誌で埋まるまでのまだからっぽの棚。そして書店勤務の全くないゼロの私。
 
オープン前のマガジンストリートで雑誌を両手いっぱい抱えながら"迷走"していました。
この5年間で本や雑誌、書店を取り巻く環境は大きく変わりました。オープン時は目の前の事でいっぱいで先々まで考えるゆとりはありませんでしたが2020年となる今、新たに考えることがあります。
 
どんなにIT環境が進んでもやっぱり人間って家や職場など以外に"サードプレイス"が必要だって思います。ホッとできる場所、お気に入りの本、雑誌や雑貨と出会う場所。梅田 蔦屋書店はお客様にとってなくてはならないサードプレイスでありたい。
 
この2020年という時を迎えるにあたり、どこの入り口からより高みへ繋げていくか。
5年後の2025年へ向け、サーチ&トライしていきます。
 
 
 
梅田 蔦屋書店を代表する一冊

 
 
 
書籍名:『FRaU 2019年1月号、FRaU2020年1月号、FRaU SDGs ムックOcean』
出版社:講談社
 

梅田 蔦屋書店でトップロングセラー雑誌になり、ここを起点として全国の書店へ広がる流れを作った雑誌があります。『FRaU 一冊丸ごとSDGs特集』今年1月には関西初となるFRaUxSDGsイベントを開催。関編集長をお招きし沢山のお客様にお越しいただきました。

 
 
 
 
私をを代表する一冊

 
書籍名:『GLAMOROUS』
出版社:講談社
 
ファッションに強い興味を持ち始めたのはニューヨークに住み始めてから。5番街にある某書店でふと目にしたのがGLAMOROUS(その後休刊)。今までのファッション誌とは一線を画す、"可愛い""モテ"への意識一辺倒ではない新しい内容にガツーンと衝撃を受けました。女性ファッション誌の魅力に開眼した一冊です。
 
 
コンシェルジュプロフィール

大阪生まれの奈良育ち。病弱だったので本をよく両親が買ってきて、はまった本は"安寿と厨子王"。小6の時から海外ってどんなとこやろと強い興味を持ち、中学の時は授業中ずっと海外逃亡生活を夢みつづけ、10代後半で学生としてアメリカへ移住。一度帰国し働き貯金しまたアメリカへ。サンフランシスコ~ニューヨークと物価高な街に暮らし続けたのち、帰国後、海外放浪癖にいったん区切りをつけ今は梅田蔦屋書店に定住中。担当は雑誌で女性とメンズファッション誌、ライフスタイル誌です。女性ですがメンズファッション誌も大好きです。愛読書は山崎豊子の「花のれん」。今年の目標は「もっとオシャレをする!!」
 
 
 
人文 三砂 ワークスタイル 渡邉   旅行 森川 Beauty&Health 佐藤 子育て(Kids) 田村  写真 濱崎 アート 山下 雑誌 久住 洋書 大山 文学 北村 文学 河出 古書 小林 文学永山 文具 岩浅
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト