広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.62

【蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』イルセ・サン 著/ 枇谷 玲子 訳・ディスカヴァー・トゥエンティワン】

 

 

左利きの割合は、10%

血液型のAB型は、9%

HSPは、15%

だそうです。

 

え?最後がよく分からなかった?

割合は多いけど、あまり知られていないHSP。

 

高い知能を持つ動物の15%はHSPの性質を持っているそう。

 

「ハイリー・センシティブ・パーソン」

とても繊細な人という意味の心理学の概念です。

 

・音や匂いなどの微かな違いに気が付く。

・一度に多くの刺激を受け取るからすぐにキャパを超える。

・熟慮して、初めて行動に移す。

・良心の痛む行動は、豊かな想像力で、イメージしただけで挫折する。

・誠実で思慮深いので、戦い、競争がすごく苦手。

 

「外交的で、活発で、スピーディ、積極的な人」が、もてはやされる今の社会。

その真逆の性質を持つ人たち。

 

社会の流行のせいで、否定され、矯正対象とされ、繊細な心で強くその空気を感じ取り、自己肯定感の低い人が多いというHPS。

 

その性質の活かし方に焦点が当てられています。

 

著者はHSP専門カウンセラー兼研究者のイルセ・サンさん。

 

「鈍感で活発な草食動物の群れがいたとします。危険な牧草地に飛び込んで、すぐに食べられてしまうでしょう。その群れの中の15%が敏感で慎重なら、群れの生存率は格段に上がりますよね。それは社会でも言えることですよね。」

 

「タフ(鈍感)であることが美徳とされますが、あなたが鈍感になると長所が無くなってしまいます。活かせる環境では、唯一無二の長所なのですから。」

 

自身もHSPで、その豊かな感受性を持ってHSPを研究しているので

とても語り口が暖かいのです。

 

「自分を変える」ではなく

「向き合い、受け入れ、活かす」

 

それも無理強いするものではなく、繊細さを活かした方法で。

 

全てを敏感に感じ取る人が心地よく暮らしていくために。

 

一つのセラピーを受けているような気分になる本です。

 

 

私は

「60点でHSP傾向有り」

で102点の高得点をマークし、首を縦に振りながら読んで、筋肉痛になるかと(笑)

 

自分や世界を見る視点が一つ増えました。

 

これが本を読むことの良さだと私は思うのです。

 

 

 

 

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 
 

STORE LIST

ストアリスト