広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.51

【蔦屋書店・丑番のオススメ 『湯遊ワンダーランド』まんしゅうきつこ・扶桑社】

 

 

自分が好きなもの、気に入ったものは他の人にも興味をもってほしいと思う。可能であれば、好きになってくれたら、うれしい。そんな性格だから、書店で働いているのかもしれない。これいいですよ、とおすすめができるから。

 

唐突ではあるが、サウナが好きだ。いや、淫しているといってもいいかもしれない。できれば、週7でサウナに行きたいと思っている。行くのは、もっぱら最寄りの銭湯である。銭湯にほぼ毎日行くんですよ、と言うと、「お風呂ないの?」と聞かれる。このご時世に、なかなか、内風呂のない物件に住んでるひとはいないだろう。しかも妻帯者なのに。アホなのかな?と言いたくなる気持ちをぐっとおさえ、「いやいや、もちろん家に風呂はありますよ。サウナが好きなんですよ。サウナ・水風呂・休憩を3セットくらい繰り返すとトランス状態になって。すごい多幸感があるんですよ。宗教的恍惚ってこんな感じじゃないのかな?って思ってます。ぜひ行ってください。」

 

と、おすすめをするのだが、水風呂が苦手で入れない、と言われたら、もう言葉に窮していた。必死に説明をくりかえすほど、相手は、死んだ目になっていた。一刻も早くこの場を離れたがっているのが、伝わってきた。そんなわたしに味方があらわれた。それが今回紹介する『湯遊ワンダーランド』だ。

 

本書は、邪気や妄想にとらわれる、まんしゅうきつこ先生が、サウナにハマっていく日々を描いたエッセイマンガである。弟のやっちゃんからサウナに行って汗をかき、毒を抜け、とすすめられるきつこ先生。お風呂は気持ちがいいんだけど、水風呂には入れない。冷たいから。心臓麻痺するのでは?という恐怖感。連載15話目!にして初水風呂に入るきつこ先生。その過程と見開きページの描写がすばらしい。水風呂って苦手なの、という人にも、ここまででいいから読んでいただきたい。

 

初水風呂のあと、きつこ先生のサウナ好きが加速していく。サウナ後には世界がすこしだけよいものに感じられる。

 

サウナに入った帰り道の風の気持ちよさ。

思わず、「生まれてよかった…」と考えてしまうきつこ先生。

おそばを食べて「うんまーい」と声に出してしまう。

仕事にもいつもより集中できてしまう。

 

そう。サウナの後には世界がすこしだけよいものに感じられるのだ。ただ、持続時間が半日ほどなので、サウナに中毒する恐れはあるが。サウナおすすめです。

 

 

 

【Vol.50 蔦屋書店・西倉のオススメ 『彼方の友へ』】

【Vol.49 蔦屋書店・西林のオススメ 『日日是好日』】

【Vol.48 蔦屋書店・江藤のオススメ 『死に山』】

【Vol.47 蔦屋書店・中渡瀬のオススメ 『Matt』】

【Vol.46 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『一日江戸人』】

【Vol.45 蔦屋書店・丑番のオススメ 『追悼の達人』】

【Vol.44 蔦屋書店・江藤のオススメ 『東京輪舞』】

【Vol.43 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『はじめての沖縄』】

【Vol.42 蔦屋書店・丑番のオススメ 『全共闘以後』】

【Vol.41 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ある男』

【Vol.40 蔦屋書店・丑番のオススメ 『ナンシー関の耳大全77  ザ・ベスト・オブ「小耳にはさもう」』】

 
 

OTHER STORES

他店舗情報