include file not found:TS_style_custom.html

広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.178

蔦屋書店・竺原のオススメ 『文芸ピープル』辛島デイヴィッド/講談社
 

ここ数年「日本の現代文学が海外で話題になっている」といった類のニュースを耳にする機会が多かった。
多和田葉子氏の名前がノーベル文学賞の候補者として挙がったり、小川洋子氏の『密やかな結晶』が英国のブッカー国際賞の最終候補になったり、柳美里氏の『JR上野駅公園口』は米国を代表する全米図書賞(※翻訳文学部門)を受賞したりした事は、記憶に新しい人も多い事と思う。
 
本作は、現在早稲田大学国際教養学部准教授であり、作家/翻訳家として日本文学の英訳や国際的な出版・文芸交流プロジェクトに携わる辛島デイヴィッド氏が、世界の作家/翻訳家/編集者/装丁家/書店員/文芸フェスの運営者といった、様々な形で文芸に関わる人々=文芸ピープルを取材し「世界における日本(語)文学のいま」を紐解く内容になっている。
 
例えばファッションの世界に「流行」や「潮流」がある様に、文芸の世界にもそうしたものがある。
こと日本人作家に関して言うと、多くの作家の作品が(主に)英語圏に向けて翻訳される様になった昨今において、特に女性作家の作品を積極的に見出したいという傾向があるとの事。
これは「多様性」がキーワードになっている現代社会の情勢とリンクする動きであると推察出来るが、いわゆる「出版業界」の中にいるからこそ伝える事の出来るこうした話というのは、非常に好奇心をそそられる。
 
また本を構成する要素の一つとして「装丁」があるが、この点にまつわる話も興味深い。
一例として、村田沙耶香氏の『地球星人(※英題『Earthlings』)』の英米版の表紙には共にハリネズミのビジュアルが使用されているが、それぞれ細部の見せ方が違う。
ただ単に違うだけではなく、そこには勿論理由がある…。
 
装丁の話はあくまで一例だが、本作を通して知る事の出来るあれやこれやは、担当者や近しい人間だからこそ知り得る部分が多く、そこを詳しく知る事が出来るのは辛島氏や、加えて辛島氏が関係する交流範囲の広さから来るものであり、こうした価値ある話を聞かせて頂ける事に感謝したくなる心持ちである。
 
この一冊は、日本現代文学のまさに「いま」を知る事が出来る書物であると共に、10年後、20年後に「過去の日本文学はどんな様相だったのだろう」という疑問を抱いた際に参考となる貴重な資料にもなり得る事であろう。
 
一書店員としても、あるいは単なる一読書人としても今後の糧になるエピソードがふんだんに記された作品である。
 
 
 
【Vol.177 蔦屋書店・江藤のオススメ 『まとまらない言葉を生きる』】
【Vol.176 蔦屋書店・丑番のオススメ 『一度きりの大泉の話』】
【Vol.175 蔦屋書店・竺原のオススメ 『マスクは踊る』】
【Vol.174 蔦屋書店・江藤のオススメ 『6600万年の革命』】

【Vol.173 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『神秘の昆虫 ビワハゴロモ図鑑』】
【Vol.172 蔦屋書店・小野のオススメ 『七面鳥 山、父、子、山』】
【Vol.171 蔦屋書店・丑番のオススメ 『日本の包茎』】
【Vol.170 蔦屋書店・竺原のオススメ 『ノースウッズ-生命を与える大地-』】
【Vol.169 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『シリアの戦争で、友だちが死んだ』】
【Vol.168 蔦屋書店・中渡瀬のおすすめ 『サンクチュアリ』】
【Vol.167 蔦屋書店・犬丸のおすすめ 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』】
【Vol.166 蔦屋書店・作田のおすすめ 『戦場の秘密図書館 〜シリアに残された希望〜』】

【Vol.165 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』】
【Vol.164 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『こいわずらわしい』】
【Vol.163 蔦屋書店・河賀のおすすめ 『幻のアフリカ納豆を追え!ーそして現れた〈サピエンス納豆〉ー』】
【Vol.162 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『チ。―地球の運動について―』】
【Vol.161 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』】
【Vol.160 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『料理と利他』】
【Vol.159 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『オール・アメリカン・ボーイズ』】
【Vol.158 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『見るレッスン 映画史特別講義』】
【Vol.157 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『誰がメンズファッションをつくったのか?』】
【Vol.156 蔦屋書店・古河のおすすめ 『雪のなまえ』】
【Vol.155 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『エデュケーション 大学は私の人生を変えた』】
【Vol.154 蔦屋書店・犬丸のおすすめ 『Pastel』】
【Vol.153 蔦屋書店・神崎のおすすめ 『砂漠が街に入りこんだ日』】
【Vol.152 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『Coyote No.72 特集 星野道夫 最後の狩猟』】
【Vol.151 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『関西酒場のろのろ日記』】
【Vol.101〜Vol.150 2019年12月2日 - 2020年11月9日】
【Vol.51〜Vol.100  2018年12月17日 - 2019年11月25日】
【Vol.1〜Vol.50 2018年1月15日 - 12月10日】

 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト