広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.131

もちろん1作目から!

 

というわけで、3部作の2作目なので、絶対に間違いないと面白さを保証します!

 

そして、『三体Ⅱ』を読んで私はある期待で頭がいっぱいになりました。

もしかして三体は違うのではないか。

これは、恐らく3作目はもっと面白いのではないか?

3部作の法則を破ってくれるかもしれないという大きな期待です。

 

3作目が出た時、私はいったいどうするのだろう。

読まずに取っておくのか? 終わってしまうのが嫌ではある。

でも無理だ。最後がどうなるのか知りたくてたまらない。読みた過ぎる。

そして、読んでめちゃくちゃ満足するに違いない。

 

そのとき、私は「最終回を見られない呪い」から解き放たれるであろう。

 

 

「北の国から2002 遺言」をようやく見ることができる日は近いのかもしれない。

 

 

【Vol.130 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ムー ビジュアル&アート集』】

 

 

 

_ 2

 

STORE LIST

ストアリスト