広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.81

蔦屋書店・神崎のオススメ『世界と僕のあいだに』タナハシ・コーツ著・池田年穂訳/慶應義塾大学出版会

 

 

境界線をテーマにしたフェアが、今年4月から5月にかけて広島蔦屋書店で展開された。私はホームページのフェア紹介に「境界線は人間がつくりだした妄想と自己保身の蜃気楼だ」と書いた。しかしアメリカにおいて黒人と白人を隔てているものは、蜃気楼と呼ぶにはあまりにも残酷で無慈悲だ。

 

本書『世界と僕のあいだに』は、アフリカ系アメリカ人のジャーナリスト、タナハシ・コーツが「アメリカで黒人であるとはどういうことなのか」を息子への手紙の形で綴ったノンフィクションだ。

 

アメリカの黒人と白人の対立の歴史は長い。奴隷として連れてこられた黒人たちは、1863年の奴隷解放宣言によって自由と人格を手に入れたはずだった。が、差別は終わらなかった。アメリカで生まれアメリカで育ち、アメリカ人であるはずのコーツたちの時代も、彼の息子たちの時代も、何も変わらない。

 

白人は優位性と優越感を保つために暴力で黒人の肉体を支配しようとする。黒人は自分の肉体の安全を守るために身構え、武装する。

繰り返される白人警官による無防備な黒人への暴行、射殺。しかも警官は何の罪にも問われない。黒人の肉体の支配や略奪・破壊は伝統的に、「世襲財産」のように、日々行われている。こんな危険で横暴で不公平な世界を生きてきたコーツは息子にこう語りかける。

 

 

これがお前の国なんだよ。これがお前の世界なんだよ。これがお前の肉体なんだよ。だからお前は、その状況の中で生きていく方法を見つけなければならない。

 

 

コーツにとって白人とは、自分を白人であると信じ、白人であるという幻想にしがみつく人々である。彼はそれを「ドリーマー」と呼ぶ。  

当たり前のように黒人の肉体を支配する彼らに対し、コーツは息子に暴力ではなく知恵で「闘争することを求める」と綴った。その闘争は自分自身のため、祖先の記憶のためであると。そして「ドリーマー」のためには「願ってやれ」「祈ってやれ」と語りかける。

 

黒人と白人の対立がいつ終わるのか、終わる日が来るのかどうかさえ誰にもわからない。けれどコーツの「願ってやれ」「祈ってやれ」という言葉は、息子へ託す未来への希望のように感じる。

 

【Vol.80丑番のオススメ】ドライブイン探訪

【Vol.79 犬丸のオススメ 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話』

【Vol.78 蔦屋書店・江藤のオススメ 『幽霊人命救助隊』】

【Vol.77 蔦屋書店・神崎のオススメ 『憂鬱な10ヶ月』】
【Vol.76 蔦屋書店・西倉のオススメ 『なにものにもこだわらない』】

【Vol.75 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』】

【Vol.74 蔦屋書店・西林のオススメ 『あのねあのね』】

【Vol.73 蔦屋書店・丑番のオススメ 『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992-2019』】

【Vol.72 蔦屋書店・江藤のオススメ 偶然の聖地

【Vol.71 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『培養肉くん1』『培養肉くん2』】

【Vol.70 蔦屋書店・丑番のオススメ 『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。』、『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。』講談社、『マンガ家になる!ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録』】

【Vol.69 蔦屋書店・江藤のオススメ 『人喰い ロックフェラー失踪事件』】

【Vol.68 蔦屋書店・花村のオススメ 『父は空 母は大地―インディアンからの伝言』】

【Vol.67 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『天然知能』】

【Vol.66 蔦屋書店・神崎・花村のオススメ 『カミングアウト・レターズ  子どもと親、生徒と教師の往復書簡』】

【Vol.65 蔦屋書店・丑番のオススメ 『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』】

【Vol.64 蔦屋書店・江藤のオススメ 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』】

【Vol.63 蔦屋書店・神崎のオススメ 『拝啓、本が売れません』】

【Vol.62 蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』】

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 
 

STORE LIST

ストアリスト