include file not found:TS_style_custom.html

広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.184

蔦屋書店・江藤のオススメ 『教室の片隅で青春がはじまる』谷口菜津子/ KADOKAWA
 
 
今回は、ストレートな書き出しから始めさせてください。
最高に素晴らしくめちゃめちゃ良い漫画を見つけました。
多くの人に広めたいのです。
だから紹介します。
 
『教室の片隅で青春がはじまる』という漫画です。
 
主人公の女の子は、自分は特別な人間であると思っていて、みんなから一目置かれたい願望があるのですが、どう頑張っても浮いてしまう。なにかしようものなら、思いっきり空回りしてただの変人扱い。したがってこれまで友達が出来たことがない、という「まりも」という名前の女子高生です。
 
まりもは女子高に通っているのですが、そのクラスにはいわゆる一軍と呼ばれるようなグループがいて、その一軍メンバーというのが、学年イチかわいいと言われている女の子(実は推しキャラのことばかり考えているオタクな子)、そのグループのまとめ役的女の子(実は裏アカでは、自分の理想である最高の女子高生になりすましている。実は写真を撮るのが好きでかなりうまい)、有名なユーチューバーなどなどと付き合っている女の子(でも実は...)そして、宇宙からの留学生が2人!(この2人も本当の自分は...)
 
そう、一軍というグループに属することでクラスでの一定の地位を得ている彼女らだが、本当の自分の居場所はここではないと実は知っているんです。
 
そういった意味では、まりもは自分の居場所にちゃんと居る。
でも、はっきりいってうまくいっていません。
ユーチューバーになろうとメントスコーラをやってみたり。
あるあるネタをやってみたり。
心霊ライブ動画の撮影に挑戦してみたり。
だけど一向に視聴数は伸びません。
 
でもうまくいっていないけど、彼女は自分のやりたいことをやっている。
他の人からどう見られようが曲げない、だから受け入れられなかったりするけど。
でも、まりもには、凄く良いところもたくさんあるのです。
彼女は人に気を使ったり、人に合わせたり、他人の目を気にしたり、しない。
それゆえになのか、彼女は他人のいいところを素直に認める。
他人の好きなものをバカにしない、あざ笑ったりしない、素直に相手の良さを認め嫉妬する。
いや、めっちゃいいこじゃないか!
 
そして、本当の自分の居場所ではないと実はわかっている一軍グループの女の子たちも、まりもの影響を受けてなのかどうか、まりもをバカにしながらも、変わっていく。
 
自分の本当にやりたいこと、自分が本当に居るべき場所、を見つけていく。
彼女らのエピソードはどれも本当に清々しくて美しい。
これが尊いということだ。
 
自分の本当の居場所がここじゃないと思っていたり、やりたいことが出来ていなかったり、願う自分になれないだったり、そんなことをみんな思っていると思う。僕だってそうだ。
 
そんな人が陥りがちな罠がある。
それが「進研ゼミの漫画の内面化」という状態だ。
 
この言葉は『モテないけど生きてます 苦悩する男たちの当事者研究』(ぼくらの非モテ研究会 青弓社)という本の中で言及された概念なのであるが、説明すると。
 
例えばモテない男性がいるとする。でも彼はモテる努力をしていないだけなんだと、なんならあえてモテようとしていないだけだ。でも、俺だって、やればモテるんだ。と自分で自分を納得させる。という状態。
 
進研ゼミのマンガでは、だいたい以下のようなストーリーが描かれる。
勉強もスポーツもクラスでの人気もいまいちな主人公。友達の〇〇ちゃんに比べると全然だめだ。なんて思っている。
友達の〇〇ちゃんに聞いてみると、進研ゼミをやっているという。
進研ゼミなら、短い時間で授業の予習復習もバッチリできて、テスト対策も万全。勉強時間を短くできるので、部活動にも打ち込める。そして勉強やスポーツで自信がついて、友達も多く、かっこいい彼氏もできたんだ!
君も進研ゼミを始めればこうなれるよ!
 
このストーリーを自分事にしてしまうのだ。
自分もあれをやれば、ガラッと生活は変わって、思い描いた自分になれる。
でも、今はまだそれをしていないだけ。
 
しかし、そう思うだけならまだ可愛いものだが、陥りがちな罠がある。
そう、もしやっても駄目だったら...と思ってしまうのだ。
やって駄目だったら終わりだ、だからやらないでおこう。
今のままでいよう。
 
こうなってしまうとそこから一歩も出られない。
そんな状態から抜け出すためのいい方法もある。
 
期待しないのだ。
 
他人にも、そして自分にも期待しない。
これだけやったら他人に認められるだろうという期待を捨てる。これだけやったから自分は凄くなるだろうという期待を捨てる。
そうして、淡々となすべきことをなすのだ。
たしか、みんな大好きタモリさんがこれに近いことを言っていたような気がする。
これは確かに一つの真理であるのだが。
 
まりもはちょっと違う。
まりもは、やるかやらないかでいうと、やる方の人間だ。
 
基本的には他人から認められなくてもくじけないし気にしない。つまりは他人に期待していないように思えるのだが、少し違うのが、自分が決めた「この人」にはわかってほしい、そして認めて欲しいと願い続けている。そこは諦めない。そして、なにもしない自分には期待しないが、なりたい自分になるための努力は絶対に惜しまないし諦めない。
 
いい場面だらけのこの漫画の中でも、何度読み返しても最高で、そして涙がでてしまう場面がある。
 
学年イチの美少女が、クラスのみんなが引いてしまうような大声で
空気なんか読まないで、叫ぶ。
 
「人がめちゃくちゃ大好きなものをなんも知らん奴がバカにすんな!」
 
居たい場所であり、居るべき場所に居るのが一番よくて
好きなことをやっている奴が本当は一番カッコいい
 
この漫画で一貫して語られるのはこんな当たり前なメッセージだ。
でも、ややっこしくて危うい、自分の立ち位置を見つけるのに苦労する今の時代にこそ
こんなストレートなメッセージを発することが必要なのだと思う。
 

あーーー高校生の自分にこの漫画読ませてあげたかった!!!
 

 
【Vol.183 蔦屋書店・丑番のオススメ 『未来人サイジョー①~③巻』】
【Vol.182 蔦屋書店・竺原のオススメ 『永遠のフィッシュマンズ』】
【Vol.181 蔦屋書店・江藤のオススメ 『もうあかんわ日記』】
【Vol.180 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『戦争の歌がきこえる』】
【Vol.179 蔦屋書店・丑番のオススメ 『高田渡の視線の先に ー写真擬ー 1972-1979』】
【Vol.178 蔦屋書店・竺原のオススメ 『文芸ピープル』】
【Vol.177 蔦屋書店・江藤のオススメ 『まとまらない言葉を生きる』】
【Vol.176 蔦屋書店・丑番のオススメ 『一度きりの大泉の話』】
【Vol.175 蔦屋書店・竺原のオススメ 『マスクは踊る』】
【Vol.174 蔦屋書店・江藤のオススメ 『6600万年の革命』】
【Vol.173 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『神秘の昆虫 ビワハゴロモ図鑑』】
【Vol.172 蔦屋書店・小野のオススメ 『七面鳥 山、父、子、山』】
【Vol.171 蔦屋書店・丑番のオススメ 『日本の包茎』】
【Vol.170 蔦屋書店・竺原のオススメ 『ノースウッズ-生命を与える大地-』】
【Vol.169 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『シリアの戦争で、友だちが死んだ』】
【Vol.168 蔦屋書店・中渡瀬のおすすめ 『サンクチュアリ』】
【Vol.167 蔦屋書店・犬丸のおすすめ 『ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く』】
【Vol.166 蔦屋書店・作田のおすすめ 『戦場の秘密図書館 〜シリアに残された希望〜』】
【Vol.165 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』】
【Vol.164 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『こいわずらわしい』】
【Vol.163 蔦屋書店・河賀のおすすめ 『幻のアフリカ納豆を追え!ーそして現れた〈サピエンス納豆〉ー』】
【Vol.162 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『チ。―地球の運動について―』】
【Vol.161 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』】
【Vol.160 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『料理と利他』】
【Vol.159 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『オール・アメリカン・ボーイズ』】
【Vol.158 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『見るレッスン 映画史特別講義』】
【Vol.157 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『誰がメンズファッションをつくったのか?』】
【Vol.156 蔦屋書店・古河のおすすめ 『雪のなまえ』】
【Vol.155 蔦屋書店・江藤のおすすめ 『エデュケーション 大学は私の人生を変えた』】
【Vol.154 蔦屋書店・犬丸のおすすめ 『Pastel』】
【Vol.153 蔦屋書店・神崎のおすすめ 『砂漠が街に入りこんだ日』】
【Vol.152 蔦屋書店・竺原のおすすめ 『Coyote No.72 特集 星野道夫 最後の狩猟』】
【Vol.151 蔦屋書店・丑番のおすすめ 『関西酒場のろのろ日記』】
【Vol.101〜Vol.150 2019年12月2日 - 2020年11月9日】
【Vol.51〜Vol.100  2018年12月17日 - 2019年11月25日】
【Vol.1〜Vol.50 2018年1月15日 - 12月10日】
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト