広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.140

蔦屋書店・竺原のオススメ『The Gambler』ウィリアム・C・レンペル 著  上杉隼人 訳/ダイヤモンド社
 
 
アルメニア系移民の子としてカリフォルニア州フレズノで生まれた本作の主人公であり、後に米国有数の投資家/実業家となるカーク・カーコリアン(Kirk Kerkorian)は決して恵まれた生活を送っていた訳ではない。
 
その父アーロンと祖父のキャスパーは19世紀末から20世紀初頭、オスマン帝国の没落によってトルコ人民族主義者の攻撃が激化したアルメニアで生き残り、アメリカ合衆国へと移住して来た。
 
ゼロからの生活を送る彼らに金銭的な余裕はなく、カークは9歳の頃から路上で新聞販売をして家計を助けていた(元々アルメニア語しか話せなかった彼は、新聞を買いに来るお客とのやり取りの中で英語を学んだ)。
 
そんな彼は大恐慌の最中に8年生(日本で言う所の中学2年生の年に)で学校教育からドロップ・アウトをする事となる。
 
「ドロップ・アウト」というとそのまま落ちぶれて行ってしまう様な印象を与えるが、彼はそうでなかった。
 
以降ゴルフのキャディをしたり、街角でオレンジを販売したり、多くの肉体労働をしたり、その縁でボクサーとしてデビューをしたりしながら生きる為の金銭を稼ぐ様になった。
 
リングを降りたのは彼が22歳の時であったが、その後に得たのが飛行機操縦士としての職であった。
 
ここから彼の生活が大きく変化して行く。
 
地元の航空学校を6ヶ月で修了し商業航空士としての資格を得、航空輸送の飛行士として数々の仕事を遂行しながら世界を周って行く中で、彼は「飛行士」としてではなく飛行機を使った航空輸送ビジネスを立ち上げようと思い至る。
 
このビジネスを当てて巨万の富を得た彼は、その後ホテルやカジノ産業に手を伸ばし、映画/自動車会社の買収により億万長者の仲間入りを果たして行く事となる…。
 
華々しい経歴を持つカーク・カーコリアン氏だが、それこそ近年までその名を広く知られる事はなかった。
 
何故か?
 
それは彼が生涯、自分自身をセレブリティの様に扱われる事を嫌ったからだ
(※晩年に不本意な形で法廷に呼び出され、そのプライベートが白日の下に晒される事となり、晒された事実(本作に記されている、彼が成し遂げて来た数多くの大きな仕事や匿名での慈善/寄付活動)が彼を(ポジティヴな意味で)有名にしてしまったが)。
 
謙虚で、人前に出て目立つ事を嫌うが、やる事はデカい。
 
「アメリカの億万長者で最も知られざる人物」と呼ばれ、様々な意味での「ギャンブル」に人生を懸けたある一人の人間の「冒険の記録」として読んで頂きたい。
 
 
 
【Vol.138 蔦屋書店・江藤のオススメ 『死亡通知書 暗黒者』
【Vol.137 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『二笑亭綺譚』】
【Vol.136 蔦屋書店・竺原のオススメ 『メイドの手帖』】
【Vol.135 蔦屋書店・河賀のオススメ   『ブードゥーラウンジ』】
【Vol.134 蔦屋書店・丑番のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.133 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.132 蔦屋書店・丑番のオススメ 『文豪春秋』】
【Vol.131 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体Ⅱ 黒暗森林 上・下』】
【Vol.130 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ムー ビジュアル&アート集』】
【Vol.129 蔦屋書店・西林のオススメ 『キネマの神様』】
【Vol.128 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ピダハン「言語本能」を超える文化と世界観』】
【Vol.127 蔦屋書店・丑番のオススメ 『治したくない ひがし町診療所の日々』】
【Vol.126 蔦屋書店・江藤のオススメ 『南島小説二題』】
【Vol.125 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自由からの逃走』】
【Vol.124 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ウイルスは生きている』】
【Vol.123 蔦屋書店・江藤のオススメ 『WATCHMEN ウオッチメン』】
【Vol.122 蔦屋書店・神崎のオススメ 『あとは切手を、一枚貼るだけ』】
【Vol.121 蔦屋書店・丑番のオススメ 『なぜならそれは言葉にできるから』】
【Vol.120 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雪と心臓』】
【Vol.119 蔦屋書店・神崎のオススメ 『哲学の技法 世界の見方を変える思想の歴史』】
【Vol.118 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ホテル・アルカディア』】
【Vol.117 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私という病』】
【Vol.116 蔦屋書店・神崎のオススメ 『若きウェルテルの悩み』】
【Vol.115 蔦屋書店・江藤のオススメ 『薪を焚く』】
【Vol.114 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『パンダ探偵社 1』】
【Vol.113 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自殺会議』】
【Vol.112 蔦屋書店・江藤のオススメ 『中央駅』】
【Vol.111 蔦屋書店・神崎のオススメ 『出家とその弟子』】
【Vol.110 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』】
【Vol.109 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雲を紡ぐ』】
【Vol.108 蔦屋書店・神崎のオススメ 『三つ編み』】
【Vol.107 蔦屋書店・江藤のオススメ 『スワン』】
【Vol.106 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ダイエット幻想 やせること、愛されること』】
【Vol.105 蔦屋書店・丑番のオススメ 『聖なるズー』】
【Vol.104 蔦屋書店・神崎のオススメ 『ペンギンの島』】
【Vol.103 蔦屋書店・江藤のオススメ 『オリジン・ストーリー 138億年全史』】
【Vol.102 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ひみつのしつもん』】
【Vol.101 蔦屋書店・丑番のオススメ 『プリンセスメゾン』】
 
【Vol.51〜Vol.100  2018年12月17日 - 2019年11月25日】
【Vol.1〜Vol.50 2018年1月15日 - 12月10日】

 
 

 

STORE LIST

ストアリスト