広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.139

蔦屋書店・神崎のオススメ『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子 著/新潮文庫
 
 
戦争はいけない。
第二次世界大戦の終結から75年。戦時下の悲惨で凄惨な映像や証言から、私たちは「二度と繰り返してはいけない」ことを刻み込み、学んできました。けれども、「なぜ」日本は戦争を選択したのか。「なぜ」戦況が悪化しても続けたのか。この「なぜ」について私自身、きちんと理解できてはいませんでした。
 
本書は世界へ扉を開き、近代国家の道を歩み始めた日本が明治以降に戦った五つの戦争–日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変と日中戦争、第二次世界大戦–について、東京大学教授の加藤陽子氏が中高生に行った講義のまとめです。
 
中高生への講義なので、語り口は優しく柔らかですが、「何年に何があった」とか「誰がどこで何をした」といった受験のための表面だけの勉強とは違います。
 
講義は戦争被害者でも、戦争加害者でもなく、中立で冷静な視点で続きます。それぞれの戦いにおける日本の状況や関係した人物、指導者や軍人などの言葉や動きが史料やデータで示され、「なぜ」「何のための」戦争だったのか、その判断に至る深い背景を知ることができます。
 
加藤氏は本書の序章の最後で次のように書いています。
歴史を学ぶこと、考えてゆくことは、私たちがこれからどのように生きて、なにを選択してゆくのか、その最も大きな力となるのではないでしょうか。
 
一触即発の現在の世界情勢の中で、戦争放棄の日本の精神をどう維持していくのか。戦争に対してNOと言える日本であるためには。過去の戦争の歴史を学び、考えることは、戦争をしない選択のための第一歩かもしれません。
 
 
 
【Vol.137 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『二笑亭綺譚』】
【Vol.136 蔦屋書店・竺原のオススメ 『メイドの手帖』】
【Vol.135 蔦屋書店・河賀のオススメ   『ブードゥーラウンジ』】
【Vol.134 蔦屋書店・丑番のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.133 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.132 蔦屋書店・丑番のオススメ 『文豪春秋』】
【Vol.131 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体Ⅱ 黒暗森林 上・下』】
【Vol.130 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ムー ビジュアル&アート集』】
【Vol.129 蔦屋書店・西林のオススメ 『キネマの神様』】
【Vol.128 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ピダハン「言語本能」を超える文化と世界観』】
【Vol.127 蔦屋書店・丑番のオススメ 『治したくない ひがし町診療所の日々』】
【Vol.126 蔦屋書店・江藤のオススメ 『南島小説二題』】
【Vol.125 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自由からの逃走』】
【Vol.124 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ウイルスは生きている』】
【Vol.123 蔦屋書店・江藤のオススメ 『WATCHMEN ウオッチメン』】
【Vol.122 蔦屋書店・神崎のオススメ 『あとは切手を、一枚貼るだけ』】
【Vol.121 蔦屋書店・丑番のオススメ 『なぜならそれは言葉にできるから』】
【Vol.120 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雪と心臓』】
【Vol.119 蔦屋書店・神崎のオススメ 『哲学の技法 世界の見方を変える思想の歴史』】
【Vol.118 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ホテル・アルカディア』】
【Vol.117 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私という病』】
【Vol.116 蔦屋書店・神崎のオススメ 『若きウェルテルの悩み』】
【Vol.115 蔦屋書店・江藤のオススメ 『薪を焚く』】
【Vol.114 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『パンダ探偵社 1』】
【Vol.113 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自殺会議』】
【Vol.112 蔦屋書店・江藤のオススメ 『中央駅』】
【Vol.111 蔦屋書店・神崎のオススメ 『出家とその弟子』】
【Vol.110 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』】
【Vol.109 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雲を紡ぐ』】
【Vol.108 蔦屋書店・神崎のオススメ 『三つ編み』】
【Vol.107 蔦屋書店・江藤のオススメ 『スワン』】
【Vol.106 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ダイエット幻想 やせること、愛されること』】
【Vol.105 蔦屋書店・丑番のオススメ 『聖なるズー』】
【Vol.104 蔦屋書店・神崎のオススメ 『ペンギンの島』】
【Vol.103 蔦屋書店・江藤のオススメ 『オリジン・ストーリー 138億年全史』】
【Vol.102 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ひみつのしつもん』】
【Vol.101 蔦屋書店・丑番のオススメ 『プリンセスメゾン』】
 
【Vol.51〜Vol.100  2018年12月17日 - 2019年11月25日】
【Vol.1〜Vol.50 2018年1月15日 - 12月10日】
 
 

STORE LIST

ストアリスト