広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.84

蔦屋書店・神崎のオススメ『23分間の奇跡』ジェームズ・クラベル著・青島幸男訳/集英社文庫

 

 

これは、こわい本です。

 

午前9時、教壇で先生が不安そうに子どもたちを見回し、震えている。ドアがあいた。「みなさん、おはよう。わたしが、きょうからみんなの先生ですよ」。入ってきたのは、わかくてきれいな女の先生だった。もとの先生は「みなさん、さようなら」と言って、泣きながら出て行った。

 

ひとつの戦争が終わり、勝った国は負けた国を支配し統治するためにすべてを変えていく。生活や教育、意識までも。

 

新しい先生は、すでに子どもたち全員の名前と顔を覚えていた。名前で呼びかけ、不安そうな子どもに寄り添って歌い、「こわいことなんてない」と話しかける。みんなはどんどん新しい先生に惹かれていった。

毎朝、手を胸に当てて国旗に忠誠を誓っているという子どもたちに新しい先生が尋ねる。「ちかう…ってなんのこと?」「ちゅうせい…ってなんのこと?」「自分の国を好きになるのに、こっきがなければだめかしら」「おいのりなんて、やくにたたない」。

 

これまでは、大人に言われたことをきちんと行なっていたいい子たちだった。新しい先生は「おとなたちは、ほんとうに、みんな正しいのかしら」と語りかける。それは子どもたちにとって別の世界の扉が開かれたような、まったく違う感覚だった。

 

子どもたち全員が新しい先生を信頼するまで23分間。この23分間に強制や暴力はひとつもない。ただ言葉によってこれまで正しいと信じていたことを捨てさせ、新しい正しいを信じさせただけ。

 

「信」という字は「人」の「言(ことば)」と書く。ことばは簡単に人の心を動かし、変えてしまう。

私たちはもっと、ことばの持つ大きな力を、善にも悪にもなりうる大きな力を、認識し直さなければいけない。

 

最後にもう一度記しておきます。

これは、こわい本です。

 

 

 

【Vol.83 蔦屋書店・丑番のオススメ 『内田裕也、スクリーン上のロックンロール』】

【Vol.82 蔦屋書店・江藤のオススメ 『線は、僕を描く』】

【Vol.81 蔦屋書店・神崎のオススメ 『世界と僕のあいだに』】

【Vol.80 蔦屋書店・丑版のオススメ 『ドライブイン探訪』】

【Vol.79 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話』

【Vol.78 蔦屋書店・江藤のオススメ 『幽霊人命救助隊』】

【Vol.77 蔦屋書店・神崎のオススメ 『憂鬱な10ヶ月』】
【Vol.76 蔦屋書店・西倉のオススメ 『なにものにもこだわらない』】

【Vol.75 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』】

【Vol.74 蔦屋書店・西林のオススメ 『あのねあのね』】

【Vol.73 蔦屋書店・丑番のオススメ 『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992-2019』】

【Vol.72 蔦屋書店・江藤のオススメ 偶然の聖地

【Vol.71 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『培養肉くん1』『培養肉くん2』】

【Vol.70 蔦屋書店・丑番のオススメ 『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。』、『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。』講談社、『マンガ家になる!ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録』】

【Vol.69 蔦屋書店・江藤のオススメ 『人喰い ロックフェラー失踪事件』】

【Vol.68 蔦屋書店・花村のオススメ 『父は空 母は大地―インディアンからの伝言』】

【Vol.67 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『天然知能』】

【Vol.66 蔦屋書店・神崎・花村のオススメ 『カミングアウト・レターズ  子どもと親、生徒と教師の往復書簡』】

【Vol.65 蔦屋書店・丑番のオススメ 『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』】

【Vol.64 蔦屋書店・江藤のオススメ 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』】

【Vol.63 蔦屋書店・神崎のオススメ 『拝啓、本が売れません』】

【Vol.62 蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』】

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 
 

STORE LIST

ストアリスト