広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.144

蔦屋書店・河賀のオススメ 『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』ヤマザキOKコンピュータ/タバブックス
 
 
まずはタバブックスのシリーズ3/4について。
3/4くらいの分量、サイズ、重さ、3/4くらいの身軽さ、ゆとり、余白のある生き方をさがす人のためのシリーズ3/4の第5弾が本書です。
いいですね、わたしにぴったりのシリーズだしタイトルをスルーできなかったので読んでみました。
 
「通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物を買って生活していた結果、つまらない街が延々と広がってしまった。どこの街に行っても四角くて色のないマンションが並んでいるし、同じようなショッピングモールやコンビニばかりが増えていて、家も店も物も売れるように最適化された物ばかり並んでいる。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。これから先もずっと目の前に出された物ばかりを手にして暮らしていたら、未来はどんどんくそつまらなくなってしまう。」
この冒頭文にドキッと、までなくても、ん?と何か感じたなら読んでみてはいかがでしょう。サクッと読みやすい分量ですし。

著者のヤマザキOKコンピュータはパンクを愛するバンドマンであり投資家です。メインテーマは投資ではありますが、投資をお金を増やすための道具ではなく、人生を楽しむための道具として扱ってみる、そうすることでくそつまらなそうな未来にも楽しめることはあるんじゃないか!そんな本だと思います。お金の使い方、貯め方はそれぞれで正解なんてないけど、納得のいく使い方をしていくことが人生を豊かにするのかもしれません。
 
資本やリアル投資については読んでいただくとして(とても分かりやすいです)、著者が学生時代に愛用したお弁当屋さんのお話がわたしには刺さりました。毎日のように通い詰めた茶色ばっかりのおいしいお弁当屋さんは、チキン南蛮や白身フライ、何でもおいしかった。でもいつしか仲間たちとファミレスやコンビニに通い詰めるようになってしまいます。何がおいしかったかも思い出せないのに…思春期も終えるころお弁当屋さんを思い出していってみると、閉店の文字。
本当の閉店の理由はわかりませんが、もっと通うことはできた、もっと投資すればよかった。そんな風に思うことがわたしもよくあります。そのことを忘れないために著者はそのお弁当屋さんの屋号をメールアドレスにしているそうです。真似しよっかな。
 
読んでみて、まず自分は何が好きでどうなりたいのか、考えてみる。何も考えずに誰かのせいにするのは簡単だけど、やっぱり自分の人生は自分で決めていきたい。そんなかっこいい生き方の「投資の話」だと思います。
くそつまらない法律にも負けたくないし、良い本、良い出版社が増えるようにシリーズ3/4に投資しようと思う。
そしてわたしはバンドマンが好きなのかもしれない。いや、好きなんです!
 
 
 
【Vol.143 蔦屋書店・作田のおすすめ 『夜中の薔薇』】
【Vol.142 蔦屋書店・丑番のオススメ 『本の雑誌の坪内祐三』】
【Vol.141 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。】
【Vol.140 蔦屋書店・竺原のオススメ 『The Gambler』】
【Vol.139 蔦屋書店・神崎のオススメ 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』】
【Vol.138 蔦屋書店・江藤のオススメ 『死亡通知書 暗黒者』】
【Vol.137 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『二笑亭綺譚』】
【Vol.136 蔦屋書店・竺原のオススメ 『メイドの手帖』】
【Vol.135 蔦屋書店・河賀のオススメ   『ブードゥーラウンジ』】
【Vol.134 蔦屋書店・丑番のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.133 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ブックオフ大学ぶらぶら学部』】
【Vol.132 蔦屋書店・丑番のオススメ 『文豪春秋』】
【Vol.131 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体Ⅱ 黒暗森林 上・下』】
【Vol.130 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ムー ビジュアル&アート集』】
【Vol.129 蔦屋書店・西林のオススメ 『キネマの神様』】
【Vol.128 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ピダハン「言語本能」を超える文化と世界観』】
【Vol.127 蔦屋書店・丑番のオススメ 『治したくない ひがし町診療所の日々』】
【Vol.126 蔦屋書店・江藤のオススメ 『南島小説二題』】
【Vol.125 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自由からの逃走』】
【Vol.124 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ウイルスは生きている』】
【Vol.123 蔦屋書店・江藤のオススメ 『WATCHMEN ウオッチメン』】
【Vol.122 蔦屋書店・神崎のオススメ 『あとは切手を、一枚貼るだけ』】
【Vol.121 蔦屋書店・丑番のオススメ 『なぜならそれは言葉にできるから』】
【Vol.120 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雪と心臓』】
【Vol.119 蔦屋書店・神崎のオススメ 『哲学の技法 世界の見方を変える思想の歴史』】
【Vol.118 蔦屋書店・江藤のオススメ 『ホテル・アルカディア』】
【Vol.117 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私という病』】
【Vol.116 蔦屋書店・神崎のオススメ 『若きウェルテルの悩み』】
【Vol.115 蔦屋書店・江藤のオススメ 『薪を焚く』】
【Vol.114 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『パンダ探偵社 1』】
【Vol.113 蔦屋書店・神崎のオススメ 『自殺会議』】
【Vol.112 蔦屋書店・江藤のオススメ 『中央駅』】
【Vol.111 蔦屋書店・神崎のオススメ 『出家とその弟子』】
【Vol.110 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『まとまらない人 坂口恭平が語る坂口恭平』】
【Vol.109 蔦屋書店・江藤のオススメ 『雲を紡ぐ』】
【Vol.108 蔦屋書店・神崎のオススメ 『三つ編み』】
【Vol.107 蔦屋書店・江藤のオススメ 『スワン』】
【Vol.106 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ダイエット幻想 やせること、愛されること』】
【Vol.105 蔦屋書店・丑番のオススメ 『聖なるズー』】
【Vol.104 蔦屋書店・神崎のオススメ 『ペンギンの島』】
【Vol.103 蔦屋書店・江藤のオススメ 『オリジン・ストーリー 138億年全史』】
【Vol.102 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ひみつのしつもん』】
【Vol.101 蔦屋書店・丑番のオススメ 『プリンセスメゾン』】
 
【Vol.51〜Vol.100  2018年12月17日 - 2019年11月25日】
【Vol.1〜Vol.50 2018年1月15日 - 12月10日】
 

 

STORE LIST

ストアリスト