広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.90

蔦屋書店・神崎のオススメ『「カッコいい」とは何か』 平野啓一郎著/講談社現代新書

 

 

カッコいい!

 

すれ違った人や偶然入り込んだ空間、何気なく手にしたものに、思わずこう呟いてしまうことありますよね。でも「どこが?」「何が?」と同意を得られないことが結構あります。

「カッコいい」って一体、何でしょう。普段、何気なく使っていますが、人によって感じ方は違います。基準や定義はあるのでしょうか。

 

この疑問に真正面から切り込んだのが小説家の平野啓一郎氏です。本書ではまず、「カッコいい」の言葉の歴史を紐解くことから始まります。そして音楽やアート、文学、ファッションなど、さまざまな分野について検証・考察が重ねられていきます。

 

子どもの頃、悪役を倒すヒーローに憧れ、真似をした記憶がありますか。本書では「カッコいい」の条件の一つに対象への同化・模倣願望が挙げられています。

さらに鳥肌が立つなど、非日常的な生理的興奮としての「しびれる」という体感がそこに加わることが重要としています。

 

何に「しびれる」か一人一人違うように、何を「カッコいい」と感じるかも千差万別です。平野氏は次のように記しています。

 

誰を「カッコいい」と思うかこそが私たち一人一人の個性となる。

「カッコいい」人を探すというのは、「自分探し」である。

 

「あ、カッコいい!」の呟きには、こうありたい願う自分の本質が隠れているのかもしれません。そんな経験を繰り返しながら自分探しを続け、いつかゾクゾクするような、鳥肌が立つような「しびれる」対象に出会います。そこからその対象に同化するための努力、自分磨きが始まるのでしょう。

 

読み終えて、「これって一歩間違えば自己満足では」と感じました。

けれど、自分が本当になりたい「カッコいい」を見つけ、その対象に近づき、同化するために努力して磨き上げた「カッコいい」自分は、きっと最高に「カッコいい!」に違いありません。

 

 

 

【Vol.89 蔦屋書店・江藤のオススメ 『欺す衆生』】

【Vol.88 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ぼくには数字が風景に見える』】

【Vol.87 蔦屋書店・丑番のオススメ 『みな、やっとの思いで坂をのぼる-水俣病患者相談のいま』】

【Vol.86 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体』

【Vol.85 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡』

【Vol.84 蔦屋書店・神崎のオススメ 『23分間の奇跡』】

【Vol.83 蔦屋書店・丑番のオススメ 『内田裕也、スクリーン上のロックンロール』】

【Vol.82 蔦屋書店・江藤のオススメ 『線は、僕を描く』】

【Vol.81 蔦屋書店・神崎のオススメ 『世界と僕のあいだに』】

【Vol.80 蔦屋書店・丑版のオススメ 『ドライブイン探訪』】

【Vol.79 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話』

【Vol.78 蔦屋書店・江藤のオススメ 『幽霊人命救助隊』】

【Vol.77 蔦屋書店・神崎のオススメ 『憂鬱な10ヶ月』】
【Vol.76 蔦屋書店・西倉のオススメ 『なにものにもこだわらない』】

【Vol.75 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』】

【Vol.74 蔦屋書店・西林のオススメ 『あのねあのね』】

【Vol.73 蔦屋書店・丑番のオススメ 『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992-2019』】

【Vol.72 蔦屋書店・江藤のオススメ 偶然の聖地

【Vol.71 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『培養肉くん1』『培養肉くん2』】

【Vol.70 蔦屋書店・丑番のオススメ 『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。』、『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。』講談社、『マンガ家になる!ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録』】

【Vol.69 蔦屋書店・江藤のオススメ 『人喰い ロックフェラー失踪事件』】

【Vol.68 蔦屋書店・花村のオススメ 『父は空 母は大地―インディアンからの伝言』】

【Vol.67 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『天然知能』】

【Vol.66 蔦屋書店・神崎・花村のオススメ 『カミングアウト・レターズ  子どもと親、生徒と教師の往復書簡』】

【Vol.65 蔦屋書店・丑番のオススメ 『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』】

【Vol.64 蔦屋書店・江藤のオススメ 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』】

【Vol.63 蔦屋書店・神崎のオススメ 『拝啓、本が売れません』】

【Vol.62 蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』】

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 
 

STORE LIST

ストアリスト