広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.96

蔦屋書店・丑番のオススメ『文庫本は何冊積んだら倒れるか ホリイのゆるーく調査』堀井憲一郎著/本の雑誌社

 

くだらないことに真剣になるって素敵です。直接的には、役に立たないもの。もしかすると文化というものの一側面は、そうしたくだらないもの、役に立たないもので、成り立っているのかもしれません。

ちょっと大上段に構えすぎてしまいました。文化について語るのはわたしのキャパを超えてしまうので、それくらいにさせていただいて、堀井憲一郎さんについてお話をさせてください。

 

 

週刊文春で連載されていた堀井憲一郎さんの『ホリイのずんずん調査』(1995年-2011年まで連載)は、ほんとうにくだらなかった(ほめてます)。そして、すごかった。くだらないことを真剣になって調べている。大人が。その調査結果が毎週1ページに表とともに掲載されていました。どれくらいくだらないことを調べていたかというと、例えば以下です。

 

 

「チョコボールの金のエンゼルと銀のエンゼルの割合はどれくらいなのか?」「郵便ポストの回収は時間どおりに来るのか」「西部劇で発泡されている弾の数を数える」「サンタを信じていますか」「川上哲治の球が止まって見えたが変化していく過程」「サッカーのFKで股間を守る国、守らない国」「恋人同士がともに過ごす日としてのクリスマスはいつから始まったのか」「シンデレラエクスプレスで本当にキスしているカップルはいるのか」

 

※シンデレラエクスプレス=東京発大阪着の東海道新幹線の21時の最終列車のJRのバブル期のマーケティング的呼称。週末を東京で過ごした遠距離恋愛のカップルの別れにシンデレラが重ねられていた。

 

 

くだらない!(ほめてます)けど、結果が気になる!

 

 

何を調べるかというところのチョイスにセンスがあふれてます。若干意地悪な視点もありますね。そのテーマをちゃんと調べて、書くというのが堀井さんのスタイルです。チョコボールを買ってひとつひとつ封をとってエンゼルを確認していく。1000個以上のチョコボールをあけて集計をとっていく。大変。

表になった調査結果をみると、何かを語りたくなります。

 

 

また、わずか1ページの調査が、1冊の本になったこともありました。「恋人同士がともに過ごす日としてのクリスマスはいつから始まったのか」は『若者殺しの時代』(講談社現代新書)として、まとまっています。それだけのネタがわずか1ページにまとまっていたという贅沢!この贅沢が文化的豊かさでないでしょうか。

 

 

まったくの余談ですが、書きながら思ったのは、いまのネットのおもしろ記事の原型のひとつに堀井さんの「ずんずん調査」があるのかなー、って思いました。デイリーポータルZとかで取り上げられていてもおかしくなさそうな。ちなみに『ホリイのずんずん調査』は『かつて誰も調べなかった100の謎』(文藝春秋)として、まとまっています。

 

 

本についてのくだらないことを調べた堀井さんの新刊が、『文庫本は何冊積んだら倒れるか』です。『本の雑誌』で連載されていたものが1冊にまとまりました。

 

 

「昔の小説の横文字を調べてみる」「岩波文庫〔緑〕の欠番を調べてみる」「名作の段落を数えてみる」「ジャンバルジャンはどれぐらい出てこないか」「新旧ボヴァリー夫人の変化を追う」「吾輩は猫であるを注だけで読む」「名作文庫の上下巻の部数をくらべてみる」

 

 

などゆるーく、くだらないことを調べています。率直にいうと、『ずんずん調査』のように、調査結果に驚きがあるという本でありません。

 

 

この本は、調査という手段を用いて本の周辺を周遊しながら、本がもつさまざまな魅力を浮き彫りにさせてくれる一冊です。本の読み方、本のサイズ、古典について(読書子に寄す)、絶版本について(あの本が絶版なのか!)、古本について、脚注、文庫本の解説について、文学賞について、積ん読、途中で放り出してしまう本について。本の並べ方について。本ってこんなに語ることがあるというのを、調査という切り口で、楽しませてくれる素晴らしい一冊です。

 

 

 

【Vol.95 蔦屋書店・丑番のオススメ 『私のイラストレーション史』】

【Vol.94 蔦屋書店・神崎のオススメ 『「私」は脳ではない 21世紀のための精神の哲学』】

【Vol.93 蔦屋書店・江藤のオススメ 『落日』】

【Vol.92 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』】

【Vol.91 蔦屋書店・丑番のオススメ 『記憶する体』】

【Vol.90 蔦屋書店・神崎のオススメ 『「カッコいい」とは何か』

【Vol.89 蔦屋書店・江藤のオススメ 『欺す衆生』】

【Vol.88 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ぼくには数字が風景に見える』】

【Vol.87 蔦屋書店・丑番のオススメ 『みな、やっとの思いで坂をのぼる-水俣病患者相談のいま』】

【Vol.86 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体』

【Vol.85 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡』

【Vol.84 蔦屋書店・神崎のオススメ 『23分間の奇跡』】

【Vol.83 蔦屋書店・丑番のオススメ 『内田裕也、スクリーン上のロックンロール』】

【Vol.82 蔦屋書店・江藤のオススメ 『線は、僕を描く』】

【Vol.81 蔦屋書店・神崎のオススメ 『世界と僕のあいだに』】

【Vol.80 蔦屋書店・丑版のオススメ 『ドライブイン探訪』】

【Vol.79 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話』

【Vol.78 蔦屋書店・江藤のオススメ 『幽霊人命救助隊』】

【Vol.77 蔦屋書店・神崎のオススメ 『憂鬱な10ヶ月』】
【Vol.76 蔦屋書店・西倉のオススメ 『なにものにもこだわらない』】

【Vol.75 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』】

【Vol.74 蔦屋書店・西林のオススメ 『あのねあのね』】

【Vol.73 蔦屋書店・丑番のオススメ 『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992-2019』】

【Vol.72 蔦屋書店・江藤のオススメ 偶然の聖地

【Vol.71 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『培養肉くん1』『培養肉くん2』】

【Vol.70 蔦屋書店・丑番のオススメ 『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。』、『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。』講談社、『マンガ家になる!ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録』】

【Vol.69 蔦屋書店・江藤のオススメ 『人喰い ロックフェラー失踪事件』】

【Vol.68 蔦屋書店・花村のオススメ 『父は空 母は大地―インディアンからの伝言』】

【Vol.67 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『天然知能』】

【Vol.66 蔦屋書店・神崎・花村のオススメ 『カミングアウト・レターズ  子どもと親、生徒と教師の往復書簡』】

【Vol.65 蔦屋書店・丑番のオススメ 『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』】

【Vol.64 蔦屋書店・江藤のオススメ 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』】

【Vol.63 蔦屋書店・神崎のオススメ 『拝啓、本が売れません』】

【Vol.62 蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』】

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 

STORE LIST

ストアリスト