広島 蔦屋書店が選ぶ本 VOL.98

 

蔦屋書店・犬丸のオススメ『急に具合が悪くなる』哲学者 宮野真生子 人類学者 磯野真穂 著/晶文社

 

 

この本を見た時、表紙カバーの『急に具合が悪くなる』というタイトルと、ヒョウが仁王立ちになり野球帽を被っている絵が、うまく結びつかなかった。裏表紙は、ライオンが同じく野球帽を被り、キャッチャーミットを構え、今まさにボールを受けようと腰を下ろしている。

だが、読み終えると分かる。これしかないと。

 

ヒョウのエースピッチャーは、哲学者・宮野真生子さん、その球を受けるライオンのキャッチャーは、人類学者・磯野真穂さん。

 

いわば、完全試合だった。二十通の往復書簡でのやり取りは、18.4メートルの距離で交わされるバッテリー間の真剣勝負だった。わたしは観客となりこの試合を、拳を握りしめながら、熱くなり、悔しがり、声援を送った。そして、この二人にとてもしびれた。

 

往復書簡は、まずキャッチャー・磯野さんからのサインと言うべき、ピッチャー・宮野さんへの問いかけから始まる。一球目はこれでいこう、ここへ投げてこいと言わんばかりだ。

書簡の一通目。磯野さんから宮野さんへの手紙。

磯野さんは、「急に具合が悪くなる可能性」について宮野さんに問う。「かもしれない」という不確実な可能性の要素を、予定に組み込むことの意味はなんだろう。

宮野さんは癌を患っている。しかも多発転移が起こっていて、あまりいい状態ではない。彼女の癌は、死を意識せざるを得ないところまで、来てしまっている。

癌を抱え生きる宮野さん自身の体験と、この問題を専門的に深めていこうとする哲学者としての観点。その二つを通じて、確率、そして今と未来についての書簡を交わしたいと。

 

マウンドでサインに頷いたかと思うと、ゆっくりとしたモーションから糸を引くようなストレートが投げ込まれたかのような、宮野さんからの返信が届く。

リスクを回避し、安心な道を行くことは、確かに大切なことかもしれない。だが、逆にそれによって、「今」ある可能性の幅を狭めているのではないか。選択するという分岐点の先には、一本道があるのではない。その先にある無数の分岐点を受け入れる。そこから広がる動的で無数の新たな分岐点、可能性の中に入っていくのだと。

 

病気と共に生きる人は皆、日々、リスクや確率の問題を無数に提示されてしまう。例えば、治療方法、薬、仕事の予定など。それはまた、なにをどう選び行動するのかという、無数の分岐点に立つことでもある。

だが、宮野さんの言葉から気付かせられる。

「死」という未来から「今」を考えるのではなく、まだ死んではいない「今」から未来を見つめる。無数の分岐点があることで、可能性が無限に広がったように感じたのだ。

宮野さんが投じた一球は、なんて爽快なのだろうか。

 

その後も磯野さんからのサインは続き、宮野さんは球を投げていく。標準治療と代替医療の関わりについて。偶然と運命。だが途中、宮野さんは、本当に具合が悪くなってしまう。正直、恐ろしかった。この投手戦を投げることができるピッチャーなど他にいない。途中降板してしまったらどうしよう。ページを捲る手が重い。

磯野さんはどうするのだろう。

 

だが、磯野さんは、手を緩めなかった。さらにきわどいサインを出していく。「生」と「死」について切り込んでいく。そのきわどいコースへ宮野さんも次々と投げ込んでいくのだ。それは、読者という観客をも巻き込んでいく。この試合、最後まで見届けるまで席を立つことなどできない。

 

この二十通の往復書簡は、たった二カ月間で交わされた。しかも磯野さんが宮野さんの存在を知ってから九カ月足らず。リアルに会ったのは五回しかなかったという。哲学者と人類学者という、どちらも言葉のプロとだということもあるだろう。そのうえ、名バッテリーがそうであるように、二人がお互いの能力を引き出しあっている。「思いっきり投げ込んで来い」「そんな甘いサインは不要だ」とでも言うように。人との関係は、長い時間が作るだけではなく、短くとも深みのある時間が作り上げる場合もある。だが、そんな相手に出会えるかは悩ましい問題だ。お互いの人生で、無数の分岐点があっただろう、その先で、このタイミングで知り合えるとは。なんとも羨ましい。

 

ただひとつ悔しいのは、宮野さんはお亡くなりになってしまった。なぜわたしは、もっと早く宮野真生子という人を知ることができなかったのか。もう、生の声を聴くことができない。

だが、文章は生きている。これから先、何度でも読み返すだろう。それも、わたしにとっては小さくとも動的な分岐点となるのだ。

名試合が伝説となるように、この本もまた未来に残る一冊となる。

 

 

 

 

【Vol.96 蔦屋書店・丑番のオススメ 『文庫本は何冊積んだら倒れるか ホリイのゆるーく調査』】

【Vol.95 蔦屋書店・丑番のオススメ 『私のイラストレーション史』】

【Vol.94 蔦屋書店・神崎のオススメ 『「私」は脳ではない 21世紀のための精神の哲学』】

【Vol.93 蔦屋書店・江藤のオススメ 『落日』】

【Vol.92 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』】

【Vol.91 蔦屋書店・丑番のオススメ 『記憶する体』】

【Vol.90 蔦屋書店・神崎のオススメ 『「カッコいい」とは何か』

【Vol.89 蔦屋書店・江藤のオススメ 『欺す衆生』】

【Vol.88 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『ぼくには数字が風景に見える』】

【Vol.87 蔦屋書店・丑番のオススメ 『みな、やっとの思いで坂をのぼる-水俣病患者相談のいま』】

【Vol.86 蔦屋書店・江藤のオススメ 『三体』

【Vol.85 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡』

【Vol.84 蔦屋書店・神崎のオススメ 『23分間の奇跡』】

【Vol.83 蔦屋書店・丑番のオススメ 『内田裕也、スクリーン上のロックンロール』】

【Vol.82 蔦屋書店・江藤のオススメ 『線は、僕を描く』】

【Vol.81 蔦屋書店・神崎のオススメ 『世界と僕のあいだに』】

【Vol.80 蔦屋書店・丑版のオススメ 『ドライブイン探訪』】

【Vol.79 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『病理医ヤンデルのおおまじめなひとりごと 常識をくつがえす“病院・医者・医療"のリアルな話』

【Vol.78 蔦屋書店・江藤のオススメ 『幽霊人命救助隊』】

【Vol.77 蔦屋書店・神崎のオススメ 『憂鬱な10ヶ月』】
【Vol.76 蔦屋書店・西倉のオススメ 『なにものにもこだわらない』】

【Vol.75 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』】

【Vol.74 蔦屋書店・西林のオススメ 『あのねあのね』】

【Vol.73 蔦屋書店・丑番のオススメ 『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム 1992-2019』】

【Vol.72 蔦屋書店・江藤のオススメ 偶然の聖地

【Vol.71 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『培養肉くん1』『培養肉くん2』】

【Vol.70 蔦屋書店・丑番のオススメ 『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガを描くのではない。そこにある何かを、そっとマンガと呼んであげればいい。』、『西島大介のひらめき☆マンガ学校 マンガ家にはなれない。かけがえのない誰かだけが、君をマンガ家にする。』講談社、『マンガ家になる!ゲンロンひらめき☆マンガ教室第1期講義録』】

【Vol.69 蔦屋書店・江藤のオススメ 『人喰い ロックフェラー失踪事件』】

【Vol.68 蔦屋書店・花村のオススメ 『父は空 母は大地―インディアンからの伝言』】

【Vol.67 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『天然知能』】

【Vol.66 蔦屋書店・神崎・花村のオススメ 『カミングアウト・レターズ  子どもと親、生徒と教師の往復書簡』】

【Vol.65 蔦屋書店・丑番のオススメ 『居るのはつらいよ ケアとセラピーについての覚書』】

【Vol.64 蔦屋書店・江藤のオススメ 『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』】

【Vol.63 蔦屋書店・神崎のオススメ 『拝啓、本が売れません』】

【Vol.62 蔦屋書店・花村のオススメ 『鈍感な世界に生きる 敏感な人たち』】

【Vol.61 蔦屋書店・江藤のオススメ 『おやすみの歌が消えて』】

【Vol.60 蔦屋書店・西林のオススメ 『坂の途中の家』】

【Vol.59 蔦屋書店・花村のオススメ 『あふれでたのはやさしさだった 奈良少年刑務所 絵本と詩の教室』】 

【Vol.58 蔦屋書店・犬丸のオススメ 『四次元が見えるようになる本』】

【Vol.57 蔦屋書店・丑番のオススメ 『少年の名はジルベール』】

 

STORE LIST

ストアリスト